知的生活習慣で楽しく暮らす

ホワイトボードの文字をきれいに書く方法。マーカーの持ち方を変えると、読みやすく上手に書けるようになった!

ホワイトボードの文字を綺麗に上手に書く方法はあるのか?ヒントはこの本にありました。持ち方を変えると書く姿勢も安定し、文字もしっかりとした字になりました。

実例図解 5日でわかる!板書: 読みやすい字の書き方&板書計画 (学校実用)

↓以前の持ち方:鉛筆と同じ持ち方。大きな字が書きにくいし、不安定。

↓新しい持ち方:軸の後ろを手のひらにつける。親指と人差し指で持ち、中指は支える感じ。

↓ペン先から見たらこんな感じ。3本指に均一に力がかかるので、大きな文字も、小さな文字もかき分けやすい。

↓光が反射して見にくいですが、実際にホワイトボードに書いているところです。

 

↓以前の字と比べると、しっかりとした印象の文字になっているのがわかります(^O^☆♪

100均のホワイトボードはインク跡が残りやすいので普通のホワイトボードに切り替えました

 


実例図解 5日でわかる!板書: 読みやすい字の書き方&板書計画 (学校実用)