知的生活習慣で楽しく暮らす

お習字のポイント&臨書について

お習字のポイントを記録しています。今回の文字は「水玉」。

「水」を書くとき:1画目を最も太くなるように書く。2画目は少し右に上がるようにし、3画目は少し左に下がるように書く。筆の運び方(止める動作と意識する方向)も大事。

「玉」を書くとき:大きくなりすぎないように注意。2画目の打ち込みを見せると良い形になる。

 

先生に、「臨書」とは何かを教えてもらいました。
概要↓

簡単にいうと、古典を書き写すことを「臨書」という。

私がお手本を見ながら同じように書いているのは、まだ「形臨(けいりん)」と言って形を一生懸命に真似している段階。

文字を書いた人の考え方や時代背景を想像し、その人と同化して筆遣いを想像しながら書き写すのが、本当に意味のあるお習字。

それを極めると「異臨」と言って独自の書風が確立する。

 

保存保存