知的生活習慣で楽しく暮らす

気持ちをスッキリ切り替える方法[PHP]

たった一度きりの人生、クヨクヨしている時間が勿体無い。「切り替える力(知恵)」を学べる本でした。題名の通り、読んでスッキリ。A5ルーズリーフに内容と勇気の出る言葉をまとめたので、折に触れて読み返したいと思います。

↓今回は気持ちを切り替える切符をキーアイテムにしてみました。これをまとめている間も、どんどん気持ちがスッキリしました。やっぱり書くって効果抜群ですね。

 

 

↓裏表紙に書いてあった文章の一部。どん底にいる時も、誰かの存在を心に浮かべると心が少し軽くなることがあります。これから大人になっていく子ども達にも伝えたい内容だったので引用させてもらいます。

 たとえ天涯孤独の人でも、一人で生きているわけではない。衣食住は言うに及ばず、何らかのかたちで他人と関わりつつ、社会の恩恵を受けて暮らしている。

そのことのありがたさを心に刻み、少しでも恩に報いるべく、自分のできることをしていく。社会の向上発展、周囲の人々の幸せに資するよう努めていく。そこに生きる意義があり、生きる価値があるといえよう。

(出典:PHP No.835 H29.11発行 裏表紙「心を寄せあい あたたかい社会を 感謝」)

↓普段の生活には「気持ちを整える」という表現の方があっているかも。

気持ちをすっきり整える 2016年 05 月号 [雑誌]: PHP 増刊