知的生活習慣で楽しく暮らす

漫画でわかる伝え方が9割[佐々木圭一著]内容のまとめと感想

人に思い通りに動いてもらうためには、いくつかの法則があった!112万部突破のベストセラー「伝え方が9割」を読んだ感想&概要です。伝え方のコツをつかめば、仕事も人生もうまくいく。この本を読むと、誰かと知的な会話をしたくなります(笑)

↓自分なりにA5ルーズリーフにまとめてみました。

※自分の言葉でまとめたものなので、本に書いてある文章とは違います。

著者の佐々木圭一さんは、2014年には株式会社ウゴカスを設立し、講演やセミナーも開催されています。無料メルマガや、コピーライティング集中講座もあるみたいです。本では得られない学びがありそうですね。


まんがでわかる 伝え方が9割


勝手に解釈&解説します。

少し言葉が悪いですが、相手を手のひらで転がすには、どういう言葉がけをすると良いかについて書かれた本です。

思ったことをそのまま言葉にするから、軋轢が生じる。

ならば、

相手が気持ちよく動いてくれるように、伝え方を変えればいい。

そういうことです。

 

「7つの切り口」は、具体例とともに漫画で紹介されており、今すぐに生活や仕事に役立つ知識となりました。佐々木圭一さんに感謝。

 

「言葉エネルギーが上がる5つの技術」を知ってから、本屋で雑誌のタイトルを見るのが楽しくなりました。

 

勉強や読書をすると、こんな風に視点が変わります。

知的生活習慣で広がる、目の前の新しい世界。

この充足感が、日々の生活を支えているのかもしれません。

 

 


↓あわせて読みたい「伝え方」に関する書籍


伝え方が9割


伝え方が9割 2


1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術


アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書


そういえば、英語で話すと論理的思考力が高くなると聞いたことがあります。

日本語みたいにすぐに言葉にするのではなく、一度、頭の中で伝わる英語表現を考えているからかしら。

それとも、語彙力の少なさをカバーするためにシンプルに伝える努力をしているからかな。


頭がこんがらがってうまく話せない時に試してほしい 知的な伝え方