伸縮する!携帯に便利な横断旗を手作り♪

鞄からビヨ〜ンと出る黄色い棒にサヨナラ。コンパクトに横断旗を畳む裏技です。

きっかけ:
朝の旗振りパトロール後にそのまま仕事に行く際、長〜い黄色い旗の持ち運びに困ったので作りました。

この大きさだと、通勤バッグにもすっぽり入る!

前日に学校から腕章を借りる手間なし!

差し込むだけでパッと元の長さに!

 

↓普通のトートバッグにもすっぽり入って見えません♪
棒が飛び出てはずかしい&危険ってことがなく、安心。

 

作り方メモ:

100円ショップで購入したミニのこぎり。これで、、、

切断しちゃいます。

↓丈夫な竹製の割り箸を準備(割らずに使用)。太い方の両はしを小刀で削って棒に入るように調整していきます。

↓こんな感じ。途中でつっかかって止まるように微調整しながら削ります。

すっぽり入り、真ん中手前でピタッと止まるよう調整したところ。

左から、割り箸の細い方をそのまま入れると、、、

じゃじゃ〜ん!!!しっかりと使える折りたたみ式横断旗の完成!

!!!注意!!!
使用中に取れちゃった〜〜!ってなると、かえって子供達を危険に晒してしまいます。ちょうど良い太さにして、スカスカにならないように(ピッタリと止まって回ってしまうことがないように)調整が必要です。

↓旗振り当番が終わったら、すっと抜いて、、、

まとめて、、、

くるっと巻く。こっそりと付けていたオレンジ色のマスキングテープで止めます。

↓コンパクトになって、持ち運びのストレスなし♪

ちなみに、うちのPTAでは、前期&後期に1回ずつ、「全家庭旗振り当番表」が作成され、配布されます。

旗振り当番の方法は、登校時&下校時に指定の場所に横断旗を持って交差点に立ち、子供達の安全を確保するというものです。

元気よく挨拶をしてくれる子供達をみると、今日も1日頑張ろうって思えるから不思議です(^^)。(マナーの悪い子供達がいるのも事実ですが。。。)


ご訪問、ありがとうございます♪

conote.infoでは、暮らしに役立つ情報や手帳・文具についての情報を発信しています。

こちらの記事もぜひご覧ください(^^)/

24時間換気の吸気口&排気口をお手入れした話

多すぎるクリアファイルの整理整頓:個別フォルダーが便利でした!

 

https://conote.info/archives/category/organize/page/3

conoteの最新記事をおしらせします!