知的生活習慣で楽しく暮らす

ユーザー車検の予約・費用・持ち物・検査の流れなどを徹底解説!


ユーザー車検とは、
自分で自動車を運輸支局などに持って行き、
試験コースで車検を受けることです。

★正式名称は、継続検査といいます★

使用している車の自動車検査証(車検証)の有効期限を延長するための検査です。
(注意:「新規検査」=製造されて初めての登録を新規にするための検査のこと。なので、新車で購入後の初めての車検であっても、「継続検査」になります。)


では、具体的にユーザー車検の予約・費用・持ち物・検査の流れなどを徹底解説していきます!(神奈川運輸支局の場合)


1、予約の方法

国土交通省の自動車検査インターネット予約システムから予約できます。
予約すると、以下のようなメールが来ます。

2、準備するもの

事前に準備しておくもの

  • 有効期限内の車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 使用者の認印
  • 定期点検整備記録簿(窓口で「後で記入します」と言ってもOK)

 

予備検査会社で購入するもの

  • 自動車損害賠償責任保険証明書

 

当日準備する書類

  • 自動車検査票(検査代の印紙を購入して貼る)
  • 自動車重量税納付書(重量税の印紙を購入して貼る)
  • 継続検査申請書

※これらの書類は、車検場の印紙売り場にあります。

 

3、当日の流れ

予備検査場で調整

車検の予約時間の1時間前に、
運輸支局の近くの予備検査場に到着。

予備検査場では、車体裏側の検査、ブレーキ・排ガス・ヘッドライトの光軸調整の微調整をしてもらい、自賠責(自動車損害賠償責任保険証明書を購入しました。

 

今回行ったヨビケン横浜営業所は、
全てドライブスルーでした。

所要時間は10分ほど。

 

フィットハイブリッドの予備検査の金額↓

運輸支局に行く

予備検査が終わったら、いよいよ運輸局へ。
係員の案内にしたがって駐車したら、、、

↓看板で場所を確認。

印紙を購入して書類に貼る

3番ビルで印紙(検査代重量税を購入。

当日書く書類2枚に、間違えないように貼ります。
※参考:
フィットハイブリッドの印紙代↓

書類を3種類書く

2番のビルで書類を書きます。
見本があるので、その通りにかけばOK。

※「継続検査」の見本を参照すること!

 

申請窓口へ行く

準備したもの全て&書いた書類3枚を持って、申請します。

書類OKが出たら、いよいよコースに!!

 

 

コースで順番を待つ

↓7番コースが一番丁寧に教えてくれます。

ユーザー車検初心者は、待っている間にハザードをつけておくよう指示がありました。ハザードをつけていると優しく手順を教えてくれて、検査ラインに入ってからも一緒に付いてきてくれます。
<注意事項!>
・ホイールキャップ外しておく
・ボンネットを開けておく
・車台番号場所を事前に確認する

 

参考:フィットハイブリッドの車台番号は、運転席横のカーペットをめくったところでした。見つけにくいので、前日までに一度確認しておくといいです。

 

中は、撮影NGです。。。。

★検査の流れ&方法★

並んでいる間に、係の方が順に来て、
灯火類の確認保安装置の確認をします。

※灯火の確認は、ヘッドライト、ウインカー、バック、ブレーキランプを言われた通りに操作します。また、ワイパー、ウォッシャー、クラクションも指示されます。

↓忘れがちな非常灯は通販で買っておきました。

エーモン 非常信号灯 国土交通省 保安基準認定品 車検対応 (防水性能IPX3相当) 6726

 

検査ラインで行う検査順番

サイドスリップ
時速4kmで通過するだけ

スピードメーター
指定された速度(40km/h)でパッシング

ライトの光軸
ハイビーム・レベライザーは0にして検査

フットブレーキ
タイヤが減る!を考えずに容赦無く踏む

サイドブレーキ
本気で引く

排ガス
プローブをマフラーの中に入れて待つ

下回り検査
車を揺らされたり、裏から叩いてチェックされる。

検査が何事もなく終わって合格ならば
最後の料金所のような係員がいる箇所で、
検印をもらえます。

※不備がある場合は教えてくれるので、
再調整の後、再度検査に進みます。

 

 

書類を提出してステッカーをもらう

検印をもらった書類を大事に抱え、
車を駐車場へ移動させます。

先ほど書類手続きをした建物の受付に書類を提出。

ここで新しい車検証と、
車検ステッカーを渡されて完了です!!

 

お疲れ様でした♪

 

 


〜後書き〜

実は今回、
レベライザーを0してなかったために光軸検査で1回落ちました(^◇^;)

急遽ヨビケンに行って事情を説明すると、
無料で再調整していただけました。
再検査は、再検査項目のみ検査します。
ただしラインは追い越しできない構造のため、前の車と一緒に進みます。1台であれば、早めに会場に到着していれば、
再検査になっても余裕で終わることができると思います。

 

 

料金については、「車検は格安!」を売りにしているところでも、手数料がかなりかかるので、やっぱりユーザー車検はお得です。

多少クルマのことがわかっていて、
平日休みが1日取れるなら、バイトだと思って車検に行ってみることをお勧めします。

時給換算すると、結構いいバイトですよ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

         
この記事を見た人に人気の記事!
No articles