簡単で可愛い!折り紙でお年玉ぽち袋の作り方

折り紙で作る、簡単なポチ袋の折り方です。小銭入れとしても使えるし、お札を入れたり、小さな手紙を入れたり、親戚の子が急に来訪した時のお年玉袋にも使うことができます。

(2020.12.31更新)

↓100均で購入した折り紙でもOK。シンプルな柄だと、どんな年代でも使えるポチ袋が作れます。

他の人に見せたくないシールやカードをプレゼントするのにも使えます。キャラクターの折り紙で折るときは、どこにキャラクターの絵が来るのかを考えながら折るといいです。

事前にいくつか作っておけば、お年玉袋を買い忘れていても、予定外に人数が変わっても安心ですね。

↓型紙をダウンロード&印刷して手作りするタイプも作っています♪

ポチ袋の作り方

  1. 折り紙1枚を使います。
  2. 上に向かって、半分におります。
  3. 開きます。この時点で、真ん中に横の折り目がついています。
  4. 下から1cmほどを、上に向かって折ります。
  5. 先ほどの真ん中の線まで、もう一度上側に折り上げます。
  6. 両はしを、三角になるように斜めに折り上げます。
  7. 三角になった部分に合わせて、まっすぐに折ります。
  8. 反対側も同じように折ります。
  9. この状態で上の辺だけを半分に折り、真ん中に折り目をつけます。
  10. 真ん中の折り目に合わせて、左右の上端を三角になるように折ります。
  11. 蓋になる部分を一度折り下げて折り目をつけ、先っぽを差し込みます。
  12. 完成〜♪

ポチ袋の使い方例

薄型のチョコレートを入れるとおしゃれです。

手紙を書いて、、、

可愛いシールで封印。シールは、セリアのマスキングシールです。

我が家のお年玉袋は、毎年こんな感じの折り紙ポチ袋です。

家にあった折り紙とシール(すみっこぐらし)で材料費はほぼ無料。

名前の入れ方などは気にせず、色とシールで区別しています。

こうすると、文字がまだ読めない末っ子でも、どれが自分の袋なのかを覚えておくことができるのです。

2022年のお年玉も、このポチ袋で決定♪


ちなみに、トレーシング素材の折り紙でポチ袋を作ると、こんな感じにうっすら中身が透けて見えます。

職場でお世話になっている人に、クリスマスに配る予定のお菓子を包装。

単体で渡すよりも少し手の込んだ感じがしますよ♪

その他参考リンク

年末年始に役立ちそうなリンクを載せておきます。

↓新聞紙で作る、丈夫なゴミ箱の作り方です。

もうすぐ年賀状の時期ですね。↓綺麗な文字を練習するコツです

↓献立を瞬時に決めるための仕組みです。

↓家事をルーティン化するための工夫です。

忙しなくなりがちな年末年始を、無事に切り抜けましょうね♪

ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方を発信中。

手帳リフィルはPDFとしてダウンロードできるので、日々の記録を残すライフログとしても活用できます。

↓新しく作成したリフィルは、こちらで配信します。

conote note を詳しく見る

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!