テレワークで体重増加!夫の健康を取り戻すためにmiband4を導入

3月からほぼ在宅勤務になり、腰痛と体重増加に悩んでいる夫が、私と同じくスマートウォッチで健康管理を始めた話です。

↓スマートウォッチの基本的な機能については、こちらでまとめています。

今回は、後続モデルのmiband4を、夫用に購入しました。

でも、夫はログさえ取れればOKということで、結局、私が新機種のmiband4を使っています。

ラッキー。

スマートウォッチを使った夫の感想

miband3を使い始めて3週間の、夫の感想です。

  • 座りすぎ防止アラームが良い
  • 歩数を意識するようになった
  • 睡眠ログを見て安心

座りすぎ防止アラームが良い

私も重宝している「座り過ぎ防止アラーム」。

1時間ずっと動かずにいると、そろそろ動きましょう!と、バイブと画面で通知してくれる機能です。

仕事をしているとついつい長時間同じ姿勢でいるので、この通知でハッとさせられます。

歩数を意識するようになった

「オレ、意外と歩いていないことが分かった」と、夫。

スマートウォッチをつけ始めた当初(3週間前)、通勤がなくなった夫の歩数は、1日1000歩程度でした。


対して、私の歩数は1万歩程度。

人の少ない早朝の公園に子供たちを連れ出し、テニスの壁打やランニング、朝から晩まで家事や育児に追われているので、割と簡単に歩数を稼いでいます。

というよりも、mibandを使い始めてから歩数を意識しているので、エレベーターよりも階段を使ったり、無駄に腕振りしたりしています。

腕を回しただけで歩いたことになりますが、これも軽い運動。


腰痛と不調を訴える夫に「1万歩目指せば、健康になるよ!」とアドバイス。

それを機に、夫は早朝散歩に一緒に来るようになり、歩数を意識し始めた様子です。

私に変なライバル意識を燃やし、「今日は何歩?」と訪ねて来る始末です。

昨日の自分と競ってください。

睡眠ログを見て安心

パソコンに1日中向き合っている夫。

朝起の目覚めが悪く、夜中によく眠れていないのかもと、心配していました。

mibandで睡眠ログをチェックすると、割と深い眠りが多いことを発見。

それだけで安心できたそうです。

めでたしめでたし。

客観的なデータがあると、男の人って安心するのかな。


↓こんな感じに毎日の睡眠を分析してくれます。(この画面は、私のデータです。)

miband3と4の比較

3&4新旧対応表

最大の変化は、カラー液晶になったことです。

↓その他、このように変わりました。

写真:楽天市場

画面が大きくなり、文字盤のカスタマイズ、自動画面オフまでの時間設定など、細かい調整もできるようになりました。

文字盤の明るさを調整できるのは、とても便利です。

↓miband3:丸みを帯びたシンプルな白黒液晶。

↓miband4:まるでミニスマホ。液晶は室内でも野外でも格段に見えやすくなりました。

※バンドは、miband3、4で共用できます。

スマートウォッチでできることまとめ

私が使っている主な機能をまとめました。

■運動系の機能:
万歩計、ウォーキング、ランニング、サイクリング、エクササイズ
※室内ランニング、スイミング計測もあり

■健康系の機能:
目標設定、睡眠ログ、心拍ログ、座り過ぎ防止アラーム

■その他の機能:
目覚ましアラーム、タイマー、ストップウォッチ、カレンダーリマインダー、着信通知、メール通知、LINEメッセージ通知、天気予報、音楽のリモコン、充電表示

その他、電話検索、電話のロック解除、ナイトモード、DNDモード、などの機能もあります。

私は、通知機能重視の使い方をしているので、通話機能は使っていません。

miband4を使ってみての感想

  • アイコンの視認性が良い
  • やっぱり軽い!充電も長持ち
  • ワークアウトの種類が豊富

アイコンの視認性が良い

先ほども書きましたが、液晶がとても見やすいです。

加えて、バッテリー残量がスマホと同じように見えること、アイコンがカラーなのでアプリみたいににパッと判断できる点が、ストレスフリーです。

やっぱり軽い!充電も長持ち

5gほど重くなったのですが、その重さは誤差範囲でした。

充電も、長持ちします。

購入時にフル充電し、ちょうど3週間でバッテリー欄が赤くなって要充電のサインが出ました。

スマホは毎日のように充電が必要なのを考えると、このスマートウォッチは優秀です。


※今は在宅勤務中心で、メールなどの通知が少なめだったからかもしれません。


充電時間も、1時間程度。

お風呂に入っている間に充電してしまえば、夜の睡眠ログ時に間に合います。

アップルウォッチのように幅を取らないので、手の甲をそらしても邪魔にならず、適度な隙間があるので、思ったほど蒸れません。

ワークアウトの種類が豊富

miband4では、本体から選択できるワークアウトが増えました。

サイクリングすることが多いので、これは便利。

わざわざスマホを出して、アプリを立ち上げて、ワークアウトを選んでスタートしていたトレーニングが、手元の時計だけでササっとスタートできます。

〜余談〜

私がmiband3を購入した当時(2019.9)、miband4は日本語非対応でしたが、今は日本語対応になり、値段もずいぶん安くなりました。

miband3でも、機能的には十分です。

夫がmibandを欲しがらなかったら、私は変わらず、miband3を24時間着用していたと思います。


イマイチな点と対策案

3週間使ってみて、イマイチだと思った点と、個人的な対応策です。

  • 充電ケーブルが特殊
  • マナーモード設定がやりにくい
  • ワークアウト中に時計が見えない

充電ケーブルが特殊

USBで充電できるのですが、専用ケーブルが特殊な形なため、他のスマホなどと共用できません。

しかも、miband3とmiband4でも、充電ケーブルが違います。

同じだったら便利だったのにな


対応策:

充電ケーブルをなくさないようにします。

(平凡な対策でごめんなさい。)


ちなみに、↓ファーウェイのband4proだと、そのままUSBソケットに差し込んで充電できるそうです。

内蔵GPSなので、スマホの電池を消費せずしてトレーニングログを取ることもできます。

ちょっとお高いのと、充電が9日程度しか持たない(miband4は20日程度)と書いてあったので、mibandにしました。

マナーモード設定がやりにくい

miband3から移行したら、マナーモードアイコンまでのリーチが、感覚的に難しかったです。

デフォルトでは、、、下スワイプ、「その他」をクリック、上スワイプ3回で、やっとマナーモードアイコンに到達です。

対応策:

ディスプレイ設定で、マナーモードアイコンが入っている「その他」の位置を変えました。

これにより、スワイプ、クリック、スワイプ×3で、マナーモードアイコンに到達できるようになりました。

スワイプの向きが変わっただけですが、あまり考えずに操作できるようになると、感覚的に素早くリーチできます。

ポチッと押すだけで、スマホがマナーモードに。

楽です。

これからも、自分に合ったものにカスタマイズしていこうと思います。

↓今のところの設定。

ちょくちょく確認してしまわないよう、余計な情報は見えないようにしています。

ワークアウト中に時計が見えない

miband3でも同じでした。

時計を見るには、ワークアウトを終了するしかありません。


対応策:

ワークアウト開始時の時間を覚えておき、ワークアウト経過時間を追加して、現在時刻を推測します。

アナログ的ですね。

習慣になれば、まあ大丈夫です。

まとめ

運動習慣をつけるには、データで客観視することが有効。

夫のように、普段から会社でデータを扱っていると、なお効果が高いことが分かりました。

私のように、データには疎いけれど、手帳やスタディプランナーが好きな人も、ツボにはまる可能性大です。

mibandを使い始めて約8ヶ月。

もう体の一部になって、付けていないと違和感があります。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
今日も、良い1日を〜♪


最新情報をチェックしよう!