conote[このて]は、手帳活用術を始め、文具、読書、整理収納、家庭菜園、その他暮らしの知恵を中心に、"知的生活習慣で楽しく暮らす"を掲げたブログメディアです。

何度も使える粘着剤「ひっつき虫」が便利すぎる!壁を傷つけずに子供の作品を飾る方法♪


 

壁に穴を開けずに掲示物を貼る方法です。

↓保育園で使われていて、いいな〜と思って我が家でも導入した、「ひっつき虫」です。何度も使えるソフト粘着剤で、量も形も自由自在!

素材は硬い練り消しみたいなものなので、こんな風に、1個ずつ取れるようになっています。

今まではマスキングテープで貼っていた子供の作品ですが、、、

このように「くっつき虫」を壁につけて、作品を上から押さえるように配置すると、、、

スマートに貼ることができます。

 

そのほか、翌朝提出の子供のプールカードを壁にくっつけておいたり、ポストインする手紙を壁にくっつけたりと大活躍です。

娘は、机の前に漢字ポスターを貼るのに使っています。

大抵の紙やビニルに使うことができます。剥がす時に粘着成分が残っていたら、「ひっつき虫」をポンポン押し当てたり、転がしたりして取ることができます。

 

1つだけ注意!!

お習字の半紙に使うと、破れました。。。。薄い紙にはあまり向いていないようです(^◇^;)

 

まあ、それだけ粘着力が強いということですね。

我が家の壁は少し凹凸があって、付箋を貼ると剥がれやすいので、この「ひっつき虫」で付箋メモを貼っています。

使わない時は、壁の隅っこでひっそりと出番を待っている、愛らしい「ひっつき虫」たち。末長く大活躍の予定です(笑)


コクヨ ひっつき虫 はってはがせる 粘着剤

 

 


 

ちなみに、、、本来の使い方とは違うけれど、壁に空いた小さな穴を埋めたり、隙間を埋めたりするのにも使っちゃっています。

↓例えばこれ。吸気口の隙間に入れています。