conote(このて)は、子育て・家庭菜園を始め文具・手帳術や、整理収納その他暮らしの知恵を中心に、"知的生活習慣で楽しく暮らす"を掲げたブログメディアです

トイレ掃除の賢いやり方を発見!死角を責めるには100均のコレが役に立つ!!


我が家は様々な事情(主に男子が散らす)から、トイレマット類を敷いていません。スリッパも撤去。そのため、毎日トイレの床を除菌清掃しています。

そして、掃除の度に手や服が汚れる。。。。特に便器の後ろ側は掃除がしにくく、便器がほっぺたに付いているような状態で手を伸ばして掃除をしています。(思い出して、嫌気がさす私(>人<;))

トイレが狭いからいけないんだよ〜。しかも、自分が散らした訳じゃないのに、どうして後始末をしなければならないの!と、やり場のない怒りがフツフツと沸き上がります。(男子本人達は、散らしている自覚なし)

 

そんな超めんどくさいけど必要の掃除に役立つ、「隙間ハンディワイパー」をダイソーで購入ました。とても優秀な品だったで、写真付きでレビューします♪

 

 

本当は、冷蔵庫や家具の下を掃除するための隙間ワイパーです。

このように、くにゃっと曲がる長い取っ手付き。

普通の床用ワイパーのシートが使えます。

手順:

便器のフチに洗剤をつける。10分くらい時間を置くと、隙間の汚れが染み出して黄色くなります。やっぱり散ってるじゃん!!(怒)

あとは、便器のフチに沿って先ほどのハンディワイパーをスススッと滑らせるように動かして、泡を拭き取っていきます。

たわみを利用すると、手の届きにくい奥の裏の部分まで掃除ができます。

拡大してお見せできませんが、、、バッチリ汚れが取れます。

反対側も同様〜♪

使い終わったシートはポイっ!

隙間掃除完了!!元からあったトイレブラシの入れ物に、一緒に突っ込んで保管しています。

とても便利なので、普通にリビング用にも購入しようと思います(^^)

 

最近、掃除にハマっているので、次回も多分掃除ネタです(笑)

今日も良い一日を〜♪