conote[このて]は、手帳活用術を始め、文具、読書、整理収納、家庭菜園、その他暮らしの知恵を中心に、"知的生活習慣で楽しく暮らす"を掲げたブログメディアです。

半透明付箋で「今日」がパッと分かる![マンスリー手帳の使い方]


おはようございます。昨日、100円ショップ(CanDo)にて半透明付箋をgetしたので、早速加工して、手帳のマンスリーページで使い始めました。

とても目立ちます。そのまま書き込みもできます。この使い方だと、パッと「今日」が分かるので、せっかちな私には具合が良いのです(笑)

次の日にするには、付箋を剥がして貼り直せばOKです。

 

作り方のコツ:

出来るだけ滑らかに切り抜くと、丈夫な目印付箋になります。内側の角も、丸く滑らか〜に。どこかに亀裂が入っていると、貼り直す時にそこから破れます。


使用したのは、CanDoの「半透明ふせん」です。2色入りでした。

 

before:
以前は、このように普通のフィルム付箋で目印をつけていました。パッと見ではどこが今日なのか分かりにくかったです。

after:
視覚的にわかりやすくて、ストレスフリーになりました!

黄色でもいい感じです。こっちの方が、付箋と重なった赤ペンで書いた部分が消えなくていいかも(^◇^;)

 

※手帳のフォーマット(マンスリー方眼)は、現在作成中の2020年度リフィルの実験版です。3mm方眼は、思ったより使いやすいです。この話は、また別の機会にしますね(^^)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今日も、良い一日を〜♪