KOKUYO鉛筆シャープで描く喜びを日々の生活に(PR)

KOKUYO鉛筆シャープを手元に置くと、気軽にデッサンができる!

コクヨさまから新発売の鉛筆シャープをいただいたので、使い心地をレビューします。

鉛筆シャープとは

鉛筆シャープとは、シャーペンでありながら鉛筆のような滑らかな書き心地を実現した、双方の良いとこどりな筆記具です。

今回ご紹介するのは11月25日(水)発売予定の、細身で六角形の鉛筆シャープ。

0.3mm、0.5mm、0.7mm、0.9mm、1.3mmの5種の芯径。一緒に写っているのは1.3mmの赤と、プラスチック消しゴム「リサーレ」&ペンケース(ともに限定品)です。


ラインナップや価格は、こちらに詳しく書いてあります↓

鉛筆シャープ|コクヨステーショナリー[KOKUYO]


私が良いなと思った感じた3点です。

  • 5種類もの芯径がある
  • 芯の補充が簡単
  • お手入れ不要

順に簡単に説明します。

5種類もの芯径がある

新発売の鉛筆シャープには、0.3mm~1.3mmの5種類もの芯径があり、ニュアンスの微妙な違いを表現することができます。

↓芯の太さに合わせて、ペン先は芯が折れにくい作りになっています。

当たり前ですが、使っても鉛筆のように極端に芯の太さが変わらないので、まるで削りたての太さがず〜〜〜っと続くかのような書き心地です。

芯の補充が簡単

キャップを取ることなく、隙間から差し入れるだけで、あっという間に芯の補充が完了します。

↓0.9mmの芯を、頭のところから差し込んでいるところ。これだけで芯の補充が完了です。

お手入れ不要

これは個人的な感想ですが、キャップをする必要がなく、削る手間がないのはありがたいです。

思い立ったらすぐに描けるし、デッサンを中断する時も、普通に芯を引っ込めるだけでOK。

ゆったりと絵を描いている時に限って、予期せぬ突発的な家事や仕事が乱入してくるので、非常に助かります。

↓インスタグラムにも詳しく書いてあります。

シンプルで飽きのこないBlackもお気に入り。高級感がありますね。

鉛筆シャープ使用例

普通に鉛筆として使うのもいいけれど、やっぱりデッサンしたくなります。

テーマ:実りの秋

最初に0.5mmでラフにスケッチし、0.9mmで輪郭を描き、1.3mmで影をつけたり中の色を塗ったりし、0.3mmでシャープさを出しました。

ノックするだけで描く準備ができ、終わったら普通のシャーペンのように芯をしまうだけなので、気軽に楽しめます。

あとがき

実は、既に発売されている「鉛筆シャープ」(同メーカーの他種類)を持っています。

1.3mmを小3の息子が、0.7mmを小5の娘と私が愛用しています。

低学年までは鉛筆で大丈夫だったのですが、学年が上がるにつれて書く量が増え、鉛筆よりも便利なシャーペンを使いたがるようになったのです。

鉛筆シャープの太字ならば、線が細くなりすぎずにGOOD。

うちの小学生2人は、宿題をする時は必ず鉛筆シャープですね。(学校はシャーペン禁止)

↓息子が使っている、持ちやすい1.3mmの鉛筆シャープについては、こちらでまとめています。

〜余談〜

モノをよく見ることについて。

デッサン中は、対象となるモノを細かく分析しながら見ます。

この過程はとても大事。

モノの本質を見る力がつき、身の回りのことが違って見えるようになります。

以前勤務していた会社の、大先輩の言葉↓

「続けていると、下手になることはない。」

「→デッサンが上手くなり続ける」

「→字もうまくなる。」

「→ゴルフもうまくなる(笑)」

学習の転移(既習事項を他の分野で応用)のことですね。

経験が増えれば増えるほど、幅広い分野に応用でき、上手にできることが増える。

結果、自己肯定感がアップする。ゆえに、たくさん経験を積むほど幸福度が上がる。

もっと楽しく、そして気軽に。

これからも鉛筆シャープとともに、デッサンを続けていきます。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
今日も、良い1日を〜♪


最新情報をチェックしよう!