思考が加速するペン[pentel]エナージェル インフリー

新生活スタート!新しい色を日常に取り入れよう。集中してアイデアを出すのに最適な、pentelインフリーのご紹介です。ボールペン特有のダマができず、驚くほど滑らかな書き心地。クリアな発色と乾きの速さが、気持ちの良い思考時間を約束してくれます。

エナージェル インフリーとは

エナージェル インフリーは、20年以上の歴史がある「pentel エナージェル」シリーズのボールペンです。

多様な働き方に似合うようにと、既成概念にとらわれないシンプルなクリア軸と、鮮やかな発色が魅力。

発売当初は、ターコイズブルーやオレンジインキが人気で、すぐに売り切れとなったそうです。

2018年2月に発売されたのは数量限定品でしたが、その後定番化され、2021年2月には新たに5色が加わりました。

↓2021.3現在の色バリエーション

ボール径:0.4mm/0.5mm/0.7mm
インキ色:ブラック/ブルー/ブルーブラック/オレンジ/ターコイズブルー/レッド/バーガンディ/ラフグレー/ピンク/バイオレット

↓紹介動画

どの色を買おうか迷いましたが、イメージカラーであるターコイズブルーの0.5mmを選びました。

↓青というよりは、深い緑。洗練されたデザインの軸とよく似合います。

↓他の色も、ため息が出るほど鮮やかです。

↓透明軸はKITTAなどのマステを貼ってカスタマイズ可能。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぺんてる(@pentel_official)がシェアした投稿

思考の幅も、遊びの幅も広がりますね。


↓公式サイト

ぺんてる株式会社|エナージェル インフリー 商品紹介


私の使用例

普段使いのボールペンは黒&赤メインで時々ブルーブラックだったので、ターコイズブルーは結構な冒険でした。

ところが、、、使ってみるとどんな場所にもしっくりくる色なのです。

悪目立ちしないのに、くっきりはっきり。

手帳、情報カード、サニーノートで使ってみた感想をレビューします。

手帳の中身(ルーズリーフミニ)

テフレーヌに挟んでいるmarumanのルーズリーフミニにメモ。

↓春休みに向けてのToDoリストを書いたところです。手帳がシャーペン書きなので、よく目立ちます。

違う色が入ると、気分が変わるし思考が冴えます。ただし、手帳本体(私のは3mm方眼)には0.4mmのエナージェルの方が良いかもしれません。

情報カード

↓考えをまとめるのに使うことが多い「情報カード」に書いたところ。

色が素敵でテンションが上がります。スラスラっと書いているうちに思考整理できました。

5mm方眼には0.5mmのペン先がぴったり。

青い罫線とターコイズブルーの相性もばっちりです。

サニーノート

↓サニーノートに書いたところ。ルーズリーフ化しているので、バインダーの上で書きました。

普通紙に近い紙質なので、万年筆のインクだと滲んだり引っかかったりしましたが、エナージェルだと滑らかな書き心地でした。

裏に抜けることもなく快適だったので、黒・赤・青の基本色も揃えたくなっていますよ。。。。

↓サニーノートにいてはこちらでまとめています。

読書メモ

↓読書メモはシャーペンで裏紙に書くことが多いのですが、気分転換にエナージェルでメモ書きしたところ。

ゲルインキは力を入れずにスラスラっと書くことができるので、崩した文字でも書きやすかったです。

図解や表作成がスムーズにできたので、インスピレーションがわくというのは当たっているのかも。

筆記の滑らかさ、色の効果でメモが好きになりそうです。

参考リンク

↓私が購入したエナージェル インフリー ターコイズブルー0.5mmです。

↓発売当初の基本セット。5色です。

↓10色セットはこちら。理科のビーカーの中のような美しさです。


参考:

価格は、1本税抜き220円です。替え芯は税抜80円。ボディーを使いまわして他の色を試してみてもいいですね。

しばらくはターコイズブルーで遊んでみて、暖色系にも挑戦してみたいです。

あとがき

正直言ってアイデアが加速するかは個々人によると思いますが、新しい色と書き心地の良いペンを取り入れると、明らかに脳の違う部分が反応しているのが分かります。

書いててとにかく気持ち良い。

気分が高揚するってこういうことを言うのかな。

エナージェルは、綺麗な文字で憧れているカタダマチコさんや、書きちらしさんが使っていて、いつか我が家にも!!と思ったのが直接の購入きっかけです。

↓カタダマチコさんの文字

↓書きちらしさんの文字

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぺんてる(@pentel_official)がシェアした投稿

筆圧が綺麗に伝わるので、まるで筆ペンのような強弱ある文字を書くことができます。(私は要練習)

毎日同じペンを使っていてはマンネリになるので、優しい気持ちになりたい時はパステルカラーを取り入れ、クリアな思考が必要な時はインフリーを使うという感じに、気分によって使い分けようと思います。

やっぱり文具はファッションですね。

着ている服で心の持ちようが変わるように、使うペンの色で思考の質が変わる。

新生活に、新しい色を取り入れてみよう!きっと素敵な未来が待っている♪


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方、リフィルやワークシートを発信中♪

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!