インク沼さん必須!万年筆ペン先のつけペンiro-utsushi(いろうつし)|PILOT

ガラスペンよりも気軽に使えて、カートリッジよりも自由に色を変えられる。万年筆のペン先のつけペン「iro-utsushi(いろうつし)」のご紹介です。

ino-utsushi(いろうつし)とは

iro-utsushiは、万年筆のペン先がついた、つけペンタイプの筆記具です。

イメージとしては、万年筆のペン先だけが、軸に直接つけてある感じ。

一般的なつけペンと違い、先端部分にペンポイント(小さな丸い部分)がついているため、紙の引っ掛かりが少なくなっています。

ペン先には、どこまでインクに浸せば良いのかのガイドライン(波線)が引いてあり、感覚的にわかりやすいです。

万年筆の書きごこちはそのままに、好きなタイミングで色を変えて楽しめます。

保管時のペン先は綺麗な状態なので、しばらく使わなくてもインクが固まる心配がありません。

ガラスペンだと落とすのが心配な人、インクカートリッジを全て使い終わる前に別の色も楽しみたくなる人、使いかけのインクボトルが余っている人におすすめです。(全て私のこと。)

↓公式サイト
iro-utsushi<いろうつし>|PILOT

バリエーション

字の太さはF(細字)とM(中字)、軸は全部で5種類あります。(詳細は、画像をクリックして楽天市場の商品詳細ページでご確認ください。)

樹脂軸:税込770円

  • ノンカラー
  • クリアブラック(Fのみ)
  • クリアブルー(Mのみ)

木軸:税込1,980円

  • ブラック
  • モクメ

iro-utsushiの使い方

私は、気軽に使える樹脂軸のF(細字)を購入しました。

インクカートリッジを入れる場所がない分、持った感じがとても軽く、スリムな形状。

眠っていたインクボトルを早速引っ張り出して、ポチョンとインクに浸して、、、

このようにインクがペン先に染み込めば準備OK。余分なインクは、ボトルの端で落とします。

書いた感じは、まさに万年筆そのもの。滑らかでクセがなく、扱いやすい印象です。

使い終わったら、水につければ勝手にインクが流れ出てくれます。

あとは、柔らかい布で水気を吸い取ればお手入れ完了。

ペン先を守るためのキャップをはめて、普通のペンと同じように保管しています。毎日万年筆を使うわけではないので、インク詰まりに気を使わなくて良いのは、とても楽です。

参考リンク

今回ご紹介したiro-utsushiの商品リンクです。


万年筆 iro-utsushi<いろうつし> 樹脂軸
FIR-70R PILOT パイロット【楽天市場】


万年筆 iro-utsushi<いろうつし> 木軸
つけペンタイプ FIR-180K-B FIR-180K-M【楽天市場


ちなみに、、、

セーラー万年筆からは、2種類のペン先を付け替えて使える商品も販売されています。

しかも、ペン先を逆さにすれば収納して持ち運びが可能!

色だけでなく、ペン先も好きなタイミングで変えられる。これは画期的ですね。

「万年筆ペン先のつけペン hocoro(ホコロ)」

created by Rinker
セーラー万年筆
¥1,993(2022/08/16 15:20:19時点 Amazon調べ-詳細)

↓筆文字タイプのペン先も発売予定です。(2022年8月1日が発売日)

「ふでDEまんねん」のペン先と似た形状なので、かなり気になっています。

↓「ふでDEまんねん」については、こちらで詳しくまとめています。

あとがき

筆記具を集めるのが趣味なので、家には数えきれないほどのペンがあります。

それでもなお、新しいものが出たらついつい手を出してしまう。

試し書きをするときは、まるでコーヒーショップの新豆を試飲するかのようにワクワクしています。

あまりお高いのは買えないけれど、、、、これからも色々な筆記具と出会い、仲良くなる過程を楽しみたいです。


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方、リフィルやワークシートを発信中♪

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!