やさしいまるみが技あり!まるみのシリーズ|株式会社ビバリー

仕事でもおうちでも使う機会が多い「ふせん」。文房具店や100円ショップでも売られていますが、派手な色味が多いですよね。

おうちで使うときに蛍光色だと、インテリアと浮いてしまうこともあります。他とはちょっと違うカラーリングのふせんを発見したので、ご紹介します!

ビバリー「まるみの」とは?

ビバリーの「まるみの」シリーズは、ナチュラルなカラーリングと角が丸くなったシルエットが特徴のふせんです。

サイズは、72×72mmのLサイズと、W47xH72mmのMサイズがあります。

1つのパッケージの中に、4色のふせんが入っている仕様です。

色味に合わせて、4種類の素敵な名前がつけられています。

  • やすらぎの花束(Lサイズのみ)
  • 夜明け前の空
  • ひだまりの散歩道
  • 紅茶時間

↓Lサイズのバリエーション

created by Rinker
ビバリー(BEVERLY)
¥423(2022/08/16 15:20:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビバリー(BEVERLY)
¥462(2022/08/16 15:20:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビバリー(BEVERLY)
¥423(2022/08/17 02:47:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビバリー(BEVERLY)
¥423(2022/08/16 15:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

↓Mサイズのバリエーション

created by Rinker
ビバリー(BEVERLY)
¥740(2022/08/16 15:20:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビバリー(BEVERLY)
¥763(2022/08/16 15:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

↓ 紅茶時間 M は、2022.7.20現在、amazonでは品切れでした。

ビバリー まるみの 付箋 紅茶時間 M FS-091
[楽天市場で詳しく見る]


↓公式ページ:
まるみの やすらぎの花束 L|株式会社ビバリー


使ってみました!

ここからは実際に使ってみての感想をお伝えします!

かわいい色味の「やすらぎの花束」

今回使うのが「やすらぎの花束」のLサイズです。

パッケージには4種類のカラーが描かれており、ピンク・オレンジ・ラベンダー・パープルがあるようです。

パッケージ裏には、商品の特徴が書かれていました。

のり範囲や、はがし方のコツまで書かれているのは珍しいですよね。

開封すると、一般的なましかくふせんくらいのサイズです。

大きな特徴の一つが、色ごとに使えること!

イメージとしては、4色のふせんの背がくっついて、1冊になっている感じです。

色の違いはこんな感じ。

淡い色味が、まさに花束のようです。

手帳やノートに貼っても、淡い色味なので目に優しいですね。

書き心地が優秀!

気になるのがふせんの書き心地。

色々なペンで試してみました!

上から

  • シャーペン
  • 水性サインペン
  • マーカーペン
  • 油性ペン
  • ゲルインキボールペン

を使ってみたのですが、にじみが少ない!

特に油性ペンは、普通の紙だとにじみやすいですが、まるみのふせんではにじみが少ないです。

水性サインペンだけは、少し弾くような書き心地です。

シャーペンや鉛筆でも、引っかかりがなくスムーズ。

ちなみに裏抜けはこんな感じです。

「まるみ」はかわいいだけじゃない!

丸みのあるシルエットは、かわいいだけがメリットじゃありません。

たとえばノートパソコンなど手元にふせんを貼る場合、角に手が触れてはがれやすくなりませんか?

それが角が丸いことで、かなり軽減されます。

もちろんふせんなので、完全にはがれないわけではありませんが、かわいいだけじゃない機能があるのはありがたいです。

メリット&デメリット

ここからは使ってみてわかったメリットやデメリットです。

メリット

なんといっても、淡い色味でかわいい!!

しかも4色同梱なので、プライベートはピンク系、仕事はパープル系と使い分けるのも良いですよ。

他の「夜明け前の空」などの色では、ブルーやグリーンも入っているようなので、好みに合わせて集められるのもいいですね。

別のメリットとしては、色と形とが相まって、事務用品感がありません!

普段使うものもかわいいものに揃えたい!という方にはぴったりです。

また、プレゼントやアルバムなどのメッセージを書くために使うのも◎

ちょっとのメッセージも、なんだかほっこりしてしまいますね。

デメリット&改善法

デメリットとしては、4つのふせんが1冊になっている接着部分。

ここの接着が若干弱く、別々に使っていくうちに外れてしまいそうです。

対処法としてはマスキングテープなどで補強すること。

すべてに貼ってしまうと使いにくくなるのでご注意を!

あとがき

丸みのあるシルエットがかわいい「まるみの」のふせんのご紹介でした。

かわいいだけではなく、痒いところに手が届く設計で、手帳づくりや普段の仕事でも活躍してくれますよ。

名刺サイズのMと組み合わせれば、勉強でのノートづくりにも役立ちそう。

気になる方はぜひ手に取ってみてくださいね。


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方、リフィルやワークシートを発信中♪

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!