メタシルと相性の良い紙は?書きごこちや濃さの違いを徹底検証!

SNSなどで話題の、芯まで金属の鉛筆「メタシル」。書きごこちや、紙の種類による濃さの違いなどを検証&レビューします。

メタシルとは

メタシルは、鉛筆のような形状の筆記具ですが、軸も芯も全て金属でできている”メタル”ペンシルです。

色バリエーションは6色。(ブラック・ホワイト・ネイビー・ベージュ・レッド・ブルー)

特徴は、大きく分けて以下の3つです。

  • 削る必要なし
  • 消しゴムで消せる
  • 手が汚れにくい

1つずつ簡単に説明します。

削る必要なし

メタシルの芯は、黒煙を含む特殊合金でできています。

紙との摩擦によってそれらの粒子が付着し、筆跡となる仕組みです。

分解は推奨されていないけれど、、、こんな形になっています。

金属のペン先なので摩耗しにくく、削らなくても書き続けられます。

消しゴムで消せる

金属芯なのに、消しゴムで消すことができます。

特別な消しゴムを準備しなくてもOK。

フリクションみたいに熱で消すのではなく、普通の鉛筆同様に、紙に入り込んだ黒鉛を取り出す形です。

手が汚れにくい

鉛筆のように黒鉛の粉が出ないので、擦れても汚れにくいです。

水にも強く、絵の具や水性マーカーで上から描いても滲みません。

発売日と販売店舗

発売日は2022年6月下旬で、店舗により入荷時期は違います。

私は近所のロフトに立ち寄ったら、ラッキーなことにたまたま在庫がありました。

お店の人に聞いてみると、「人気商品なので、各色5本ずつしかに入ってこなかったんです。お一人さま各色1本までの販売とさせていただいています。」とのことです。

その店舗では赤・紺・青は人気みたいで、残り2本でした。それに対して白・ベージュ(グレーっぽい色)は5本残っていました。


その他、アマゾンや楽天でも取り扱いがあります。

ただし、定価990円(税込)に対して価格設定がやや高めのところが多い印象です。

予約販売は「完売」「終了」の文字が目立ち、定価で販売しているところは1〜2ヶ月先のお届け日になっているところもありました。(2022.7.1現在)

メルカリでは高値で転売されているものも見受けられるので、注意が必要です。

↓参考までに、リンクを載せておきますね。(2022.7.21追記:色を選ばなければ、定価同様の価格で購入することができるようになりました)

created by Rinker
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥1,699(2022/08/16 14:57:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥1,590(2022/08/16 14:57:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥1,600(2022/08/16 14:57:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥1,510(2022/08/16 14:57:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥1,584(2022/08/16 14:57:38時点 Amazon調べ-詳細)

書きごこち&濃さ

口コミでは「薄い」との評価が多いですが、普段HBのシャーペンを使っている私には、まあちょっと薄いかな?のレベルでした。

※私は筆圧が強い方で、次のページがボコボコしてしまうのが嫌で、下敷きを使っています。

↓NOLTYノート(NOLTY手帳と同程度の紙質)に書いたところ。

サラサラっと気持ちよく書けました。

↓普通のコピー用紙に書いたところ

試した紙の中では、最も濃い色が出ました。

↓小学校からのお手紙に書き込んだところ

正直言って薄すぎでした。

↓スケッチブック(maruman)に書いたところ

こちらは、え?!ってくらい薄くてびっくり。筆圧を可能な限り強めて書いたら見えますが、これだと画用紙がへこんでしまいます。

↓比較対象として、鉛筆シャープ(芯の濃さはB)と並べたところ。

私だったら、スケッチブックには普通の鉛筆か、鉛筆シャープを使うかな。

↓鉛筆シャープについては、こちらで詳しくまとめています。

↓付箋にも書いてみました。リスト一番上が普段使いしているHBのシャーペン。残りの項目がメタシル。

写真だと分かりにくいですが、参照するには問題ない濃さです。

硬い机の上で書くと、HBよりも少し薄いかなというレベルの濃さで書くことができます。


以上の検証から分かることは、紙質によっては極端に色が薄くなるということ。

残念ながら、学校の宿題プリントに書き込むのには向いていません。

もともと説明には「2H程度」とあり、子供用には想定していなかったので、別段ショックではありませんでしたが。

この先、もう少し濃い替芯が出て来ればいいな〜。


良いところは、本当に手が汚れず、擦れに強いこと。

これならリングノートやルーズリーフに書いて持ち運んでも、紙同士がこすれて見づらくなることは少なそうです。

↓擦ってみたところ(上がメタシル、下がHBの鉛筆)。

ただし、書いた裏から筆圧を加えると、カーボン紙みたいに文字がうっすら写ります。(鉛筆よりは薄いけど)

ノートに使うのならば、下敷きを使う方が良さそうですね。

※↓こんな感じに、わざと裏から筆圧を加えてみました。

買おうかどうか迷っている人へ

私もそうだったのですが、販売前の告知が魅力的で、かなり手に入れたくて色々と検索しました。

使い勝手だけを考えると、色味が薄いし、慎重に取り扱う必要がある「大人の嗜好品」です。

でも、、、見た目がカッコイイし、アイデアが面白い!

やっと手に入れたのが嬉しくて、色々と試し書きをして楽しんでいます。

ペンの書き比べが好きな人や、シャーペンだと手帳やノートが汚れて嫌な人は、試してみる価値ありです。

ちなみに、芯先を締め込みすぎるとパーツが取れたり、落とすと芯が割れたりすることがあるようなので、、、↓娘が持っていたラバー製のキャップをはめて保管しています。見た目はイマイチだけど、これで安心♪

通販では似たような金属鉛筆がたくさん売られており、クリップや消しゴム付きのものもあるので、レビューを参考にしながら試してみるのもありですね。


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方、リフィルやワークシートを発信中♪

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!