テプラのクラフト紙&黒マットカートリッジが使える!センス良くラベリング生活しよう♪

無機質なラベリングを卒業し、おしゃれなテープ&デザインで印刷してみませんか?今回は、スマホ専用テプラPRO MARK SR-MK1 を使用し、「クラフト紙テープ」と「黒マットテープ」で印刷を楽しんでみました。テプラの一時保管方法も含めて、詳しくレビューします!

スマホ専用テプラとは

スマホ専用テプラとは、テプラ本体にキーボードが付いているのではなく、スマホアプリでデザインを編集して印字する機種のことです。

代表的な機種を2つ、比較した記事です↓
(「SR-R2500P」と「MARK SR-MK1」の比較レビュー)

以下、「クラフト紙テープ」と「黒マットテープ」を使い、MARK SR-MK1で印字してみたものです。

クラフト紙テープについて

最初にご紹介するのは、クラフト紙テープ。

18mm幅だと、絵柄もはっきり印字できるし、QRコードも読み取りやすいです。

↓テプラを収納している小箱につけたところ。

取扱説明書のリンクをQRコードで印字しています。普通のテプラよりも馴染みが良いですね。

マットな質感

クラフト紙テープの最大の魅力は、マットな質感。

テプラ独特のテカリが全くありません。

水性ペンでも書き込みOK

見た目だけでなく、触り心地も書きごこちもクラフト紙。

ジュースアップで書き込んでみたところ、普通の紙と同じように書けました。

何か情報を書き足したり、訂正したりすることも可能ですね。

温かさが伝わる

クラフト紙テープだと、普通の白テプラよりも温かみがあります。

ハンドメイド作品やスイーツにつけると、お店っぽいだけでなく、見た目がほっこりします。

また、同素材の封筒にもよく馴染みます。

↓味気ない茶封筒が、、、、

↓こんな感じに垢抜けます。

普通にラベリングとしても使えますが、あまりにも可愛いので、プレゼントやメッセージテープとしての活用法をもっと開拓しようと思います。

黒マットテープについて

次にご紹介するのは、黒マットテープ。

こちらも18mm幅を選んで購入しました。

↓クラフト紙と同じく、白テープとは違った印象になります。

マット調のつや消しブラック

「マットラベル」というだけあってテプラ独特のテカリはないのですが、表面はビニルっぽい「つや消しブラック」の質感です。

パッケージの封や、ゴミのラベリングを印刷してみるといい感じ。

書き込み0K(乾くのに時間がかかる)

一応書き込むことはできますが、表面がコーティングしてある感じなので、乾くまでに少し時間がかかります。

テープの余った部分に何か書き込むことはできますが、手書きよりも印字の方がスマートに見えそうです。

クールな印象

ゴミの分類に加え、かっこよく見せたいプレゼントや、少し高級感を出したいメッセージに良いなと思いました。

↓温かみを出せるクラフトテープと使い分けると良さそうです。

作成したテプラの一時保管方法

作成済みのテプラは、ハーフカットして、手貼りラミネートしたノートに貼ると便利!

一覧で探すことができるし、紙がテープに付くこともありません。

ハーフカットするためのハサミは、テプラの必需品ですよ〜♪

created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥1,409(2024/07/14 19:27:25時点 Amazon調べ-詳細)

↓色々な使い方はこちらでまとめています。

あとがき

今までは12mmのテプラテープしか持っていなかったのですが、やはり18mmは汎用性が高い!

デザインが映えるので、普通にラベリングするだけではもったいなく感じてしまいます。

最初は時間がかかっていたスマホアプリの操作も、慣れれば短時間で思い通りのデザイン&レイアウトを作れるようになりました。

この先、メッセージシールなども作ってみようかな〜と、想像が膨らみます。

↓使用したテプラ本体&カートリッジはこちら


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方を発信中。

手帳リフィルはPDFとしてダウンロードできるので、日々の記録を残すライフログとしても活用できます。

↓新しく作成したリフィルは、こちらで配信します。

conote note を詳しく見る

※今後も継続してリフィルを作成するために、conoteでは皆様からの寄付を募っています。

conote運営支援のページへ

※更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest

※ご紹介した商品は、楽天ルームにも掲載しています。


conoteの最新記事をおしらせします!