テプラだけではもったいない!便利なハーフカッターを使い倒す

片面だけに切り込みを入れることのできる「ハーフカッター」。実はテプラの台紙をはがしやすくするだけでなく、普通のシールやテープにも使える優秀品♪一緒に持っておくと便利な角丸はさみと一緒に、サクッとレビューします!

ハーフカッターとは

普通のカッターだと、シールとシール台紙の両方を切ることになりますが、ハーフカッターは、刃の部分を微調整することで上側(シール部分)だけをカットすることができる特殊なカッターです。

今回ご紹介するハーフカッターは、キングジムのテプラ専用として販売されているもの。

created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥1,409(2024/02/25 12:58:49時点 Amazon調べ-詳細)

基本の使い方や応用例をご紹介します。

テプラで使う

本来の使い方は、印刷面に切り込みを入れる方法。

隙間に挟んで、ハサミのように動かすと、カチッと音がしてカット完了。

シール部分だけがカットされているため、テプラの端っこを痛めることなく、スマートに台紙から剥がすことができます。

基本の使い方はこれなのですが、そうするとテプラの長さが変わってしまうのが難点。

だから私は・・・裏面の真ん中ら辺をカットするのがお気に入りの使い方。

↓図解するとこんな感じ。

↓使用方法は、裏面を上側にする以外は同じです。

↓まるで絆創膏を使うかのように、簡単に台紙をリムーブ♪

半分だけ台紙がついた状態なので、位置どりも簡単になりますよ。

フレークシールやKITTAも楽々

テプラだけではなく、フレークシールにも大活躍!

裏面(シール台紙側)の端っこにハーフカットを入れておくと、涙が出るほど簡単に剥がすことができます。

はがしにくいKITTAも、裏面にハーフカットを入れておけば扱いがかなり楽に。 フレークシールは、テプラ同様、仮貼りに便利ですよ。

カバーテープにもGood

本の修繕や、写真やラベルの上からカバーする専用テープにも、ハーフカッターが使える!

特に、写真などはカバーテープに指紋を付けたくないので、裏面を一部分残した状態で扱えるのが本当に助かります。

※テプラ以外に使う場合、剥離紙(台紙)の厚さによってはシールが傷つくことがあります。目立たない場所で試してから使用してください。

一緒に買いたい「角丸はさみ」

テプラを長持ちさせるための必需品として、「トリマー」という商品があります。

簡単に言うと、角丸加工ができるハサミです。

正式名称は「「テプラ」トリマー RT36W

created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥1,318(2024/02/25 12:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

特徴を簡単に紹介します。

角丸1.2mmは最小サイズ

かどまるproは持っていますが、テプラには使いづらく、半径が大きいのでラベルとして見栄えがあまり良くありません。

テプラのトリマーならば、業界最小級の1.2mm角丸を作ることができます

↓しかも、長さをカットできるハサミ機能付き。

↓大きさの比較イメージ。6mmのテプラに使うのなら、断然1.2mmの角丸ですね。

汎用性のある3mm

3mm角丸は、テプラだけではなく、カード手帳リフィルの端っこを処理するのにも大活躍。

実際に角丸処理する場所を見ながらハサミを操作できるので、狙った場所を気持ちよくカットできますよ。

角丸はさみを使うべき理由

角丸加工することで、長持ち度が増すだけでなく、見た目がおしゃれになります。

ちょっとした一手間だけど、テプラって長いこと貼っているラベルだから、どうせなら納得のいく状態で貼りたいですよね。

特に、マジックやペンなど、よく手が当たる部分に貼るテプラは、角丸加工必須です。

微妙に剥がれかかった状態になるのを防止してくれますよ。

↓おまけ。裏側の両端にハーフカットを入れると、仮留めが楽です。両端だけくっついているのが、何となくわかりますか?

そのまま剥離紙をはがしてもいいし、↓両端をカットして角丸処理してもOK。

色々と工夫できて楽しいです。

参考リンク

↓お金をかけずにテプラを簡単にはがす方法としては、マスキングテープを使うという手もあります。

↓インデックスラベルを綺麗に貼る方法&ラベルガイドです。無料でダウンロードできます。

↓オルファの1枚切りカッターも、ハーフカットができるカッターとして有名です。

台紙がつながった状態で好きな形のシールを作れるので、保管が便利ですね。

↓詳しくはこちら

あとがき

整理整頓に欠かせないキングジムのテプラ。

職場でも大量に使うので、個人持ちのハーフカッターとトリマーを購入しました。

正直言って、数枚程度のテプラの貼り付けならば、ハーフカッターがなくても何とかなります。

でもね、大量のテプラをはがす必要がある人は、早く買ってしまった方がプチストレスが軽減&時間の無駄が減ります。

角丸を作ることができるトリマーについては、まあ、ハーフカッターよりは必要度が下がりますが、、、、持っていると無味乾燥なテプラがおしゃれに変身するし、長持ちするので、貼り直しの手間を考えると良い品だなと思います。


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方を発信中。

手帳リフィルはPDFとしてダウンロードできるので、日々の記録を残すライフログとしても活用できます。

↓新しく作成したリフィルは、こちらで配信します。

conote note を詳しく見る

※今後も継続してリフィルを作成するために、conoteでは皆様からの寄付を募っています。

conote運営支援のページへ

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!