知的生活習慣で楽しく暮らす

「1枚ずつめくれるマステ」は組み合わせを楽しめる大人文具♪


最近買った文具(雑貨)の使い方レビューです。

今回購入したのはこれ!

マスキングロールステッカーシール

別名、「1枚ずつめくれるマスキングテープ」です。

SNSなどで話題になっていて、前から気になっていました(≧∀≦)

 

ロフトで、お値段400円(定価)。

値段的に、勝手に大人文具に決定(笑)

中身は、透明クリアケースに入っています。

 

パカっと開きます。

この包装からして、100円マステとは比べものにならないほどの高級感♪

 

こんな風に5mmずつ重ねて貼り付いています。

 

材質は、マスキングシールを少し丈夫に厚めに作った感じです。

1枚ずつ剥がすのには結構なコツが必要で、1度剥がすと、元の場所につけ直すのは難しいです。

 

同じイチゴでも、ガクの形が微妙に違うのですね〜。

 

↓こんな風に、イチゴ&葉っぱを組み合わせるのもOK!

 

 

↓壁に貼るのもOK!

シールと違って、何回も貼り直しができるのが嬉しいです。

↓A4コピー用紙も、しっかりと壁につきます。

 

↓メモ用紙を机に貼るのにも使えます。

味気ない付箋が、ちょっと小粋な(?)メモに早変わり♪(1枚使用)

 

↓組み合わせを楽しめる、遊びゴコロいっぱいの大人文具です♪(3枚使用)

 

 

ちなみに、、、枚数は200枚入り。

定価400円で購入した場合、1枚あたり2円です。

 

↓こうやって使うと10円。そんなに高くない?!

 

いやいや、計算しちゃうと楽しく使えないです(^◇^;)

 

普通のmtマステの場合、amazonで購入したこのタイプで、4cmで2円程度。

カモ井加工紙 mt ex 色えんぴつ・ボーダー 15mm幅×10m巻き 

安い無地のマステだと、10cmくらいで2円。

使用用途からみると、1枚ずつめくれるマスキングテープは無駄に長く切ることが少ないので、そんなに割高にはならないかな〜。

 

まあ、この辺で計算はやめておきます(笑)

 


↓今回購入したのは、このマステです。通販だと種類がたくさんあって選びがいがありますが、値段が定価よりも高いモノもあるので要注意です。。。あ、でも送料の分の上乗せなのか。

マスキングテープ マスキングロールステッカーシール[ミックスベリー]

↓ちなみに、bandeというメーカーで作られています。夏はこんなのもいいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

bandeさん(@bande_nico)がシェアした投稿

モノクロの日付パターン、動物など、本当にたくさんの種類が発売されています。

東急ハンズ限定デザインもあるみたいです。

 

↓大胆にこんなアレンジもできるのですね〜。

 

この投稿をInstagramで見る

 

bandeさん(@bande_nico)がシェアした投稿

 

最後に、デメリットが1点。

気に入った絵柄がいつ出てくるのか分からないので、使用するまでに時間がかかる。。。。

 

そこで、あらかじめお気に入りの組み合わせを作っておき、手帳の最初のページ(マステ&付箋コーナー)の、マステストックの上に少しだけ重ねて貼っています。

こうすると、テフレーヌ(A5バインダー)に貼った部分はしっかりと付いていて、マステの上に重なった部分はサクッと剥がれるので取りやすいのです。

※マステは、端っこを折って取りやすくしています。

 


<まとめ>

  • 1枚ずつめくれるマスキングテープは、組み合わせを楽しめる大人文具♪
  • デザインが豊富なので、お店でお気に入りの一点を見つけよう!
  • 組み合わせを事前に作っておけば、オフィスでも時短&スマートに使える!

 

↓持ち運んだり、事前に何パターンか組み合わせを作ったりするのには、こういうのが使えるかな?

マスキングテープ図鑑が作れる、専用のシートファイルです。

キングジム オトナのシールコレクション(マスキングテープ用)
amazonで詳しく見る

それにしても、気に入った柄を見つけるとすぐに買ってしまう、マステの魔力(笑)

↓バレットジャーナル&日記用のノートには、宝石ピンクのシリーズが欲しいな〜。

bande1枚ずつめくれるマスキングテープ 宝石ピンク

また無駄遣いの傾向が(^◇^;)

しばらくは、新しいマステは購入せずに、持っているマステを使い倒そうと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今日も、良い1日を♪