conote[このて]は、手帳活用術を始め、文具、読書、整理収納、家庭菜園、その他暮らしの知恵を中心に、"知的生活習慣で楽しく暮らす"を掲げたブログメディアです。

A5手帳用バンドを自作してみた。


A5手帳(テフレーヌ)用のラバーバンドを、自作してみた話です。

普通の黒ゴム紐なので、かわいいとは言えないけど(笑)、とても機能的です。

作り方は超簡単。ノート型のバインダーだからこそできる技なのですが、テフレーヌの裏表紙に2つ穴パンチで穴を開け、ゴム紐を結んだだけです。

結び目は、表から見えないようにしています。

 

使い方:このように手帳の裏から手でゴム紐を引っぱって、、、

手帳を表に返してパチンと挟むだけで完了。

表からだと、普通の手帳バンドの細いタイプみたいに見えます。

裏は、こんな感じになっています。穴を開ける位置が端っこすぎるとしっかり留まりません。真ん中すぎると見た目が悪いし、書くときに穴が邪魔になります。よ〜く考えてバチンと穴を開けました。

何よりも便利なのは、手帳カバーをつけないで本体だけをカバンの中に入れても、ページが勝手に開かないことです。(私はせっかちなので、よく見ずにモノをカバンにつっっこみ、何度も手帳の間に入れてページがクシャッとなったことがあるのです(^◇^;))

このゴム紐を使う方法は、安く上げたいのならばオススメの方法です。ページキーパーとしても使えます。

 

お金に余裕があるのならば、、、バンド付きペンケースもオシャレでいいですね↓


ミドリ ブックバンド ペンケース B6~A5用

楽天で詳しく見る

amazonで詳しく見る


 

↓手帳リフィルの話はこちら

自作手帳リフィルまとめ[無料ダウンロード:Excelファイル&PDF(A5バインダー用)]

 

 

 

ご訪問、ありがとうございます(^^)

今週も、頑張りましょ〜!!