conote[このて]は、手帳活用術を始め、文具、読書、整理収納、家庭菜園、その他暮らしの知恵を中心に、"知的生活習慣で楽しく暮らす"を掲げたブログメディアです。

しつこいカビを根こそぎ取る方法[ゴムパッキンの中まで徹底除去!]


結露でできてしまった、ゴムパッキンのカビを根こそぎ取ることに成功したので、記録しておきます。

 

使ったカビ取り剤はこちら↓

かびとりいっぱつ[業務用かびとり]

amazonで購入して届いた時の第一印象は、「でかっ!」。思ったよりも大きかったです。

185g入っているのですが、これだけ入っていれば、うちの窓パッキン&お風呂のパッキン全てに塗ることができました。そして、その名の通り、ほとんどが一発で驚くほど綺麗になりました。


かびとりいっぱつ185【業務用 かびとり】

 

 


カビ取り剤の使用方法

この、恐ろしく汚れている&深い根のカビがある、窓のゴムパッキンを掃除します。

こんな感じに、ジェルタイプのかびとりいっぱつを塗りつけます。

少しずつ出したので、パッキン全体にジェルが行き渡っていませんでした。。。爪楊枝で伸ばしています(笑)

色は、ほぼ透明な薄ピンク。スプレーと違って飛び散りませんが、残り少なくなったら、いきなり大量に出て周りに飛び散ることがあるので要注意です。

あとは、そのまま1〜12時間ほど放置します。※今回は、6時間で拭き取りました。

 

カビが漂白されていく様子

塗った直後から、反応が始まりました。塩素特有の匂いはしますが、ハイターなどと比べると段違いに匂いません。そして、垂れない!!!!これはめっちゃ便利です。

1時間後:反応が進んで、見た目にも綺麗になってきました。

6時間後:うわ〜〜〜!!!もう黒い部分がない!

 

仕上げ拭き

お風呂場と違って、水をジャ〜っとかけられないので、拭き取る必要があります。

全部拭き取るのは相当時間がかかりそうだったので、まずはプラスチックのスプーンでジェルを取れるだけ取りました。

ケチな私は、これを別の場所に再利用しました。効果はまだありましたよ♪ただし、水分が随分と無くなっていて扱いずらかったです(^◇^;)

そのあとで手袋をして、綺麗に薬剤を拭き取りました。

すると、、、

この通り!!まるで新品のような綺麗さに♪これはもう、感動の一言に尽きます。今まで、重曹ペーストを塗ったり、苦労してサランラップパックをしたり(効果がなかった)したのが、本当にバカバカしくなってしまいました。

↓ちなみに、拭き取りは使い古しの服を使いました。見事に漂白されていますね〜(笑)

 

お風呂場にもgood!

写真は撮っていませんが、お風呂場のカビもほぼ綺麗になりました。古いカビは根こそぎってわけにはいきませんでしたが、普通のハイターよりも綺麗になりました♪

掃除自体は、水でジャ〜っと流せるので、窓のパッキンよりも楽です。

 

↓ちなみに、、、こちらの方が、大容量でお得です。年末の大掃除は、こちらを買おうと思います。

業務用 カビとり一発 500g

 

 


 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪

今日も、良い一日を〜(^^)/