贈答リストで「お礼」忘れを防止[PDF無料ダウンロード]

「あの時」のお礼を伝え忘れない!

年に数回しかない贈答イベントを、スマートにこなす方法です。

贈答リストとは

「贈答」とは、人に物を送ったり、お返しをしたりすることです。

つまり、贈答リストとは、プレゼントもらったからお返しをした(あるいはその逆)の出来事を、備忘録としてリストにしたものです。

よく手帳の付録として付いていますよね。

作成した経緯

「あの人にお礼、言ったっけ?」「あれ?去年はお年玉いくら包んだっけ?」「お歳暮、どこに送ったっけ?」などなど、1年に1〜2回くらいしかない贈答の記憶は曖昧になりがちです。

そして、贈り物は、返礼とセットになって完了するもの。

送り主としては、「返礼」とまではいかなくても何も反応がなければ、送った相手がどんな感想を持ったか気になります。

受け取った側としては、お礼を忘れると非常に気まずい。(経験が多々あり)

しかも、この「贈答」は、年末や夏休みのゴタゴタしている時に多いのが、また厄介です。

お歳暮やお中元もあるし。。。

いちいち覚えていられないのです!!

という訳で、記憶に頼るよりも、記録に頼るためにリスト化することにしました。

贈答リストの仕様

今回作成したのは、「いただく→お礼をする→□(チェック)」がセットになった贈答リストです。

受取人(receiver)「いただく→お礼をする→□(チェック)」

送り主(sender)「贈る→お礼がくる→□(チェック)」

シンプルな構成ですが、これで一連の流れを完結できます。

チェックマークが付いていないのは、要対応。

受取人だった場合、早急にお礼の手配が必要です。

送り主だった場合、届いたかの確認が必要かもしれません。

ダウンロードリンク

A5サイズのリフィル用です。B5やA4に拡大しても使えます。

↓左ページ用

↓右ページ用

私は何年先も見返すことを想定して、5年連用日記に挟み込んでいます。クリップブックに差し込んでいるジュースアップで記録。

お年玉、準備しないと。。。

参考記事

↓読書記録リストもあります。

↓シンプルな家計簿リフィルです。

↓その他の自作リフィルについてはこちらで詳しくまとめています。

↓家のことの管理がスムーズにいく、魔法の家事ノートです。

あとがき

今回のリストは、年に数回しかない贈答イベントの詳細を記憶するのは無理!という開き直りから、作成しました。

正直言って、1年前にあげたお年玉の値段なんて覚えていないし、「じいじばあばから孫へのプレゼント」の「お礼」まで管理するのはキツイのです。

(子供達に任せておくとお礼を忘れて、嫁姑問題にまで発展する恐れがあり、、、、。)

手帳に書いていた時期もありましたが、私は4月始まりの手帳が基本なので、去年の年末の手帳をわざわざ参照するのがめんどくさい。

だから、5年間は手元にある5年連用日記にリストを挟むことにしました。

お年玉やお歳暮の記録は、来年以降にきっと役立つはず(^^)

これで、贈答に関するワーキングメモリを、外部ハードディスクに移行完了です。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
今日も、良い1日を〜♪


最新情報をチェックしよう!