バックアップがあれば安心♪ goodnote5を手帳化したら必ずやるべきこと

デジタル手帳の最大の心配事は、データが消えてしまうことです。今回は、goodnotes5を手帳として使う際の、バックアップ方法を記録しておきます。

goodnotes5自動バックアップの方法

いくつかやり方があるのですが、私はGoogleドライブに自動バックアップが作られるようにしました。(他にはDropbox、OneDriveの選択肢があります。2022.8現在)

1、歯車のマークから「設定」を選択

2、「自動バックアップ」を選択

3、「自動バックアップ」をONにして、、、、

  • クラウドストレージで「Googleドライブ」を選択
  • WiFiまたはBluetooth環境下のみでアップロードをON
  • ファイルフォーマットは「GoodNotes」「PDF」の両方にする

この設定を完了すると、Googleドライブ内の「GoodNotes」というフォルダに、このようなファイルが自動でバックアップされます↓(パソコンで参照しています。)


〜メモ〜

↓保存フォーマット2つの違い

GoodNotes:Gドライブでは参照はできないけれど、GoodNotesで開くことで元ファイルと同じように編集が可能

PDF:Gドライブで参照が可能。ただし、あくまでPDFなので、GoodNotesで開いても編集はできない。

つまり、windowsパソコンなどで参照したい時には、PDFのバックアップがGドライブにあると、見ることだけはできるという訳です。

それぞれの役割が違うので、保存容量に空きがあるならば、「GoodNotes」「PDF」の両方を保存しておくと安心ですね。


参照リンク

iPadを手帳化する際の参考記事です。

あとがき

 予定変更が多いことからデジタル手帳にし、その便利さを噛みしめながら生活しています。

iPadだけでなく、スマホやパソコンでも参照&編集ができるから、紙の手帳を持ち歩く必要がなくなって楽になりました。

でもね、やっぱり手書きも好きなので、ノートはしっかり使い込んでいますよ。

↓私が愛用しているノート。

今回は「バックアップ」についてまとめました。意外と知られていないのですが、iCloudの連携は、クラウド経由でGoodNotesのデータを同期している状態なだけで、バックアップにはなっていません

つまり、GoodNotesの中身データをiPadで誤って消してしまったら、他のデバイスで開いても消えたままということです。

万が一のことを想定して、データがなくなる前まで戻れるバックアップは必要ですね。

そして、データの重複やバグを防ぐために、iPadでGoodNotesを使っているときは、他のデバイス(スマホ・パソコン)のGoodNotesは開かないようにしています。

逆も然りで、スマホやパソコンでGoodNotesを開くときは、iPadのGoodNotesは終了しておく。

iCloud経由でアップデートが行われている間(数秒)は、ファイルを開かないように注意しています。

今のところ、この方法で全てうまく回っています。


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方を発信中。

手帳リフィルはPDFとしてダウンロードできるので、日々の記録を残すライフログとしても活用できます。

↓新しく作成したリフィルは、こちらで配信します。

conote note を詳しく見る

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


 

 

conoteの最新記事をおしらせします!