クリーム色修正テープの濃さの違いは?2種のテープを徹底比較!

修正テープといえば白い色が大定番。

でも紙の色がクリーム色っぽいMDノートやロルバーンなどに使うと、修正した部分が目立ってしまいますよね……

そんな時におすすめなのが、クリーム色の修正テープ!

文具店で売られていた2種類と、一般的な白い修正テープを使って比較をしてみました。

販売されている2種類はPLUSとデルフォニックス

私が発見したのは、文具メーカーのPLUSとデルフォニックスのもの。

まずは、それぞれの商品を見ていきましょう。

PLUSのクリーム色修正テープ

1つめは「PLUS ホワイパープチ クリームテープ」です。

ホワイパープチ<クリームテープ>|プラス株式会社

PLUSは修正テープをはじめ、「デコラッシュ」やハサミの「フィットカットカーブ」、ホチキスなどの事務用品を多く展開しているメーカー。

なかでも修正テープの「ホワイパー」はさまざまな大きさ・テープ幅で展開をしている商品です。

クリームテープもテープ幅が4種類あります。

  • 極細(2.5mm)
  • 細幅(4mm)
  • 標準(5mm)
  • 太幅(6mm)

今回は4mm幅の細幅を購入しました。

クリーム色の紙に使ってみると、ぱっと見ではわからないほどマッチしています!

使ったのは、ラコニックのSTYLE NOTEBOOK。MDノートなどとも同じような、淡いクリーム色の紙のノートです。

綴じ手帳やシステム手帳のリフィル、無印の再生紙ノートなどもクリーム色の紙なので、さまざまな場面で違和感なく使えそう!

created by Rinker
PLUS(プラス)
¥440(2024/05/28 16:52:11時点 Amazon調べ-詳細)

デルフォニックスのロルバーン修正テープ

2つめは「デルフォニックス ロルバーン修正テープ」です。

ロルバーン修正テープ|デルフォニックス

デルフォニックスは、ノートや手帳のロルバーンシリーズのほか、おしゃれな文具や雑貨を扱うメーカー。

ロルバーンといえば熱烈なファンの多いリングノートで、一度は見かけたことがあるはずです。

その特徴の一つが、イエローの紙!

クリーム色よりも濃く、使ったことのない方からは「派手かも……」と思われるカラー。

実はさまざまなカラーと相性が良く、目にも優しく感じるカラーです。

その色味に合わせて作られたのが、ロルバーン用の修正テープ。

ロルバーンに使ってみると、さすが専用品!というくらい色味がマッチしています。

方眼の大きさにも合う4mm幅で、上下の罫線はつぶれないようになっています。

created by Rinker
デルフォニックス
¥407(2024/05/28 16:52:11時点 Amazon調べ-詳細)

こんなに違う!2種の修正テープ

クリーム色のテープ同士なので、一見変わりがないように見えます。

ちなみにどちらもベトナム産で、大きさや形などが一緒でした。

形は一緒でも重要なのはテープの色味。

比較してみると違いが一目瞭然でした!

コピー用紙に使って比較

比較したのは、左から

  • PLUS ホワイパーPT 4mm幅
  • PLUS ホワイパープチクリームテープ 4mm幅
  • デルフォニックス ロルバーン用テープ

これらをコピー用紙に使うと……

くっきりと色の違いがわかります。

クリームテープは白に近いクリームカラーですが、ロルバーン用テープはパステルイエローや卵色に近いカラーです。

インクのノリも試してみました。マーカーペンと水性顔料の万年筆は弾いてしまいます。

ただ油性ボールペンやジェルインクペンなどは、弾くことも修正テープが削れることもありませんでした。

書いていても相当筆圧を強くしない限りは、剥がれてこないです。優秀!

当然ながら、白いコピー用紙には、白い修正テープが一番目立ちません。

クリーム色のノートに使って比較

続いては、クリーム色のノートに使ってみました。

こうして比較すると、やはりロルバーンが異質。修正箇所がすぐにわかる仕上がりに……

白テープも目立ちにくいですが、やはりクリームテープが圧倒的に馴染んでいます。

普段お使いの手帳やノートの色味が少しでも黄味がかっているなら、クリームテープを持っていて損はありませんね!

ロルバーンに使って比較

最後にロルバーンに使ってみます。

使う前は「クリームテープでも馴染むんじゃないの?」と思っていたのですが、こうして比較すると色の差がすごい!

隣の白テープと大差のないように見えてしまいます。

ロルバーン修正テープは、さすがの貫禄。これなら修正箇所が目立ちません。

餅は餅屋。ロルバーンに使うならロルバーン修正テープがおすすめです!

参考リンク

↓ラコニックのSTYLE NOTEBOOKについては、こちらで詳しくまとめています。

↓ロルバーンを使いこなすには?!相性の良い文具を考えてみましした。

↓普通の白修正テープはこちら

created by Rinker
PLUS(プラス)
¥508(2024/05/28 16:52:12時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

なんとなく「クリーム色」というだけで一緒くたにしていたのですが、思った以上に違いがありました。

今回は手に入れられなかったのですが、他社のテープや100均でもクリーム色のテープがあるのだそう。

手に入れられ次第、また改めて比較してみたいと思います!


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方を発信中。

手帳リフィルはPDFとしてダウンロードできるので、日々の記録を残すライフログとしても活用できます。

↓新しく作成したリフィルは、こちらで配信します。

conote note を詳しく見る

※今後も継続してリフィルを作成するために、conoteでは皆様からの寄付を募っています。

conote運営支援のページへ

※更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest

※ご紹介した商品は、楽天ルームにも掲載しています。


conoteの最新記事をおしらせします!