conote[このて]は、手帳活用術を始め、文具、読書、整理収納、家庭菜園、その他暮らしの知恵を中心に、"知的生活習慣で楽しく暮らす"を掲げたブログメディアです。

2020年度の日付&祝日一覧カレンダー[無料ダウンロード印刷PDF]


次年度の予定をそろそろ立て始めたので、2020年度の日付&祝日一覧を作成しました。

手帳に挟み込む仕様で、2020年の東京オリンピックに付随する祝日変更にも対応しています。2020年1月始まり、2020年4月始まりの2種類のPDFを、無料でダウンロードして印刷できます。

※私は2019年4月始まりの自作マンスリー手帳を使っています。説明及び写真は、「年度」の仕様になっています。

※デザインは、大人のスタディプランナーmonthlyと合わせています。

 

2020年1月始まり年間カレンダー

A4サイズで2ページに印刷して使います。最初のページの左側は、年間の予定や見通しを書けるようにメモ欄になっています。

ダウンロードはこちら↓

2020年1月始まり年間カレンダーPDF

 

2020年1月始まり年間カレンダーPDF(2)

 

 

2020年4月始まり年間カレンダー

上記の1月始まり同様、A4サイズで2ページに印刷して使います。

ここからは、私が実際に使っている方法を、写真付きで解説します。(ダウンロードリンクは、記事の最後にあります)

 

バインダー手帳での使用例

↓印刷した後、グリッサーで左にだけ穴を開けて挟み込んでいます。

こうすると、4月〜3月までを俯瞰できます。A4コピー用紙1枚に詰め込んでいないので、日にちの横の空欄が広めで、ゆったりと予定を書き込むことができます。

 

手帳の中の順番は、3月のカレンダーの後です。リング部分に干渉しないように、右端を少し折っています。この部分を開くと、、、

今日の予定のページを開きながら、来年度の予定を書き込むことができます。

すっと折りながらページを片付けた状態にすると、、、

4月〜11月までの一覧になります。

再び右ページを開けば、4月〜翌年3月までの一覧になります。

その時々に応じて、開いたり閉じたりしながら使うと便利です。

 

意外と使えるメモ欄

4月の左ページには、来年度に向けての抱負や見通し、忘備録を書き込めるようになっています。

まだ書き込んでいませんが、早速、大好きなリラックマのシールを貼って、テンションを上げておきました♪

 

ダウンロードリンク

A4コピー用紙2枚に、100%の実際の大きさで印刷して使います。真ん中に折り目ガイド線があるので、そこで折ると綺麗な仕上がりになります。

2020年4月始まり年間カレンダーPDF(1)

 

2020年4月始まり年間カレンダーPDF(2)

 

参考リンク

↓手帳リフィルに関しては、こちらのページに詳しく書いています。

[A5]手帳術:自作手帳リフィルまとめ[無料ダウンロード:Excelファイル&PDF]

 

↓デザインが同じの、大人のスタディプランナーmonthlyに関しては、こちらのページに詳しく書いています。

大人のスタディプランナー☆monthly [無料ダウンロード:毎月更新中]

↓私が穴あけに使っているグリッサーについての記事です。

書類を自由自在に整理して保管する☆ルーズリーフパンチ A4/30穴対応 はこのタイプがオススメ

 

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^^)

今日も、良い1日を〜♪