仕事で成長し続ける52の法則[和田裕美著]感想&内容のまとめ

仕事で成長し続ける52の法則[和田裕美著]を読んでの感想&概要のまとめです。

 

読書の感想

いつも通り、「はじめに」→「目次」→「おわりに」を読んで、この本をじっくり読もうと決めました。(※)

特に印象に残ったのは、「おわりに」に書いてあった、「働く自分が好き」という和田裕美さんの言葉です。

大学を卒業してから、何かしら仕事を続けてきた私。多種多様な仕事でも楽しめたのは、私も「働く自分が好き」だったからだと気づかされ、考え方に共感しました。

和田裕美さんの言葉(P173)

働く自分が好きだということは、本当に大事です。

目の前の壁を乗りこえるために、どうにかしようとする気持ちが生まれ、最終的に、壁を越えるスキルが身につきます。

 

ごもっとも。

 

仕事に限らず、「好き」だから乗り越えられる壁、ありますよね。

本書は「日経ビジネスアソシエ」で2007年1月16日号から連載された「和田裕美のキャリアを磨くコミュニケーション作法」を1冊にまとめたもので、1つの「法則」が2ページほどの読みやすい内容になっています。

和田裕美さんの軽快な語り口調が素敵で、読み進めるごとに、明日への元気をもらえます。

読後には、不思議と「人生、どんとこい!」と言えるような気持ちになりました。

 

(※)私の読書ノートの書き方は、こちらの記事でまとめています。

私の読書ノートの書き方を大公開!conote流☆読んだら忘れない読書術

 

 

読書ノート

52の法則のうち、自分に合いそうな法則を抜粋してまとめました。前回同様、コーネル式ノート形式に線を引いています。

※自分の経験や解釈をもとにまとめたノートです。内容や順番、言い回しが違う点もあります。詳しくは本書をご覧ください。

 

私を磨く「仕事」というステージ

物質的に恵まれている私たちにとっては、お金やモノよりも、「人とのつながり」「ありがとう」「自分の成長」を得る方が大事であると、著者は述べています。

同感です。

どんなに高いお給料をもらっても、どんなに高価なモノを手に入れても、この3つが欠けていると充実感は得られず、「楽しい人生」にはなりません。

 

自分の成長は、自分の心がけ次第です。

「今」を一生懸命に生き、どんなに苦しい状況や環境でも諦めずに前に進む。

この信念を貫いた人と、最初から諦めて手抜きをしていた人では、人生の財産は雲泥の差になります。

 

 

働く姿勢=人間力

第1章では、和田裕美さんの「働く姿勢」についての考え方が書かれていました。

人生には波がある。
どうせ乗るなら、高い波に乗り続けたい!

不平不満を言う暇があったら、自分の人間力を磨く方が生産的です。今いる場所でコツコツ頑張り、人が見ていないところでは影練(見えない貯金)をする。

それが、そのまま働く姿勢となって現れ、結果に結びつきます。

 

コミュニケーション

結果を出し続けるチームを作るために欠かせないポイントは、

  • 方向性
  • 透明性
  • 笑顔

の3つだと、著者は言っています。

「笑顔」、いいですね。

仕事としてのチームだけでなく、家族の在り方にも当てはまりそうな3ポイントです。

 

↓気をつけたいこと。

人に何かを伝える時は「傷つけない言葉」を選ぶ。

私はつい本当のことをズバッと言ってしまうので、他者意識と思いやりを忘れないようにしたいです。

普段からの信頼貯金によって、ピンチの時も「どんと来い!」なチームや家族作りが大事。

脳科学者の茂木健一郎が言うには、脳は笑うことで活性化されてクリエイティブになるそうです。寝る前に笑うと、特にいいらしいです。

寝る2時間前のリラックスタイムは、笑顔の多い時間にしたいなと思いました。

 

 

目標達成

チームで同じ方向を向くのと同じくらい大事なのが、自分の哲学(拠り所となるような考え方や信念)です。

和田裕美さんが拠り所にしているのは、「陽転思考」だそうです。

陽転思考とは(P44)

事実は1つ、考え方は2つ。悲しいことも辛いことも、なかったことにはできないので、その事実から「よかった」を探し、明るい方に切り替えていこう

という考え方です。ポジティブシンキングとは違い、マイナス面にもしっかりと目を向けた上で、考え方を変えるプロセスみたいです。興味があるので、いつか本を読んでみたいと思います。

 

 

タイムマネジメント

忙しい時間は、楽しく学ぶ時間!

なるほど。

定義を変えてしまえばいいのですね。

その上で、思いやりの心(他者意識)を持ち、みんなにとって効率的になるように動く。結果、やり直しの仕事が出ず、自分の時間をうまく使うことにつながります。

 


〜余談〜

和田裕美さんの発想術:「お!いいな」と思ったら、とりあえずやってみる。

私も同じ考えで生きてきました。

やらずに後悔するくらいなら、やって失敗した方がいい。
その方が、学びがあって人生お得♪

これが、私の哲学です。


 

参考図書&リンク

↓今回の本です。

仕事で成長し続ける52の法則

amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る


↓「陽転思考」に関する本です。amazonのリンクから試し読みができます。

人生を好転させる「新・陽転思考」

amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る


 

 

まとめ

ピンチはチャンス!陽転思考で物事を多面的に見て、「仕事」というステージで自分を磨こう!

これからも、「お!いいな」と思ったことには迷わず試し、「大変なことになった!」と思ったら「きくわるチャンス」だと捉えて挑戦します。

 

P54に、最近の人は、思考に遊びがなく、正解を探す癖のある人が多いという内容が書いてありました。

大人になればなるほど、失敗を恐れるようになり、無難で効率の良い道を選びがちです。でも、それでは自分の殻を破ることはできません。

 

和田裕美さんの言葉(P58):

私の人生の目的は、効率よく、高い成果を上げることではないようです。わくわくしながら、自分も知らなかった自分の一面を発見したり、課題解決の方法を生み出したりすることが楽しいのです!!

 

選んだ道が、Bestな道。

無駄を楽しむ自由を放棄せず、多少効率が悪くても周りの景色を楽しんで発想を広げ、自分だけの答えを創り出していきたいです。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今日も、実り多き1日になりますように。


 

最新情報をチェックしよう!