もう使ってみた?文具女子アワード2022大賞のマステノリボンボン|クツワ株式会社

ブームがすっかり定着し、みなさん一つはお持ちのはずの「マスキングテープ」!

貼るだけで手帳やノートが華やかになるので、デコには欠かせない!というのは私だけではないはず。

でも細かいところに貼ったり、よりかわいくしようと思うと、ハサミやカッターで切らなければいけないですよね……。

ズボラな私には、それがかなり億劫で。

そんな私の味方のようなアイテムをゲットしたんです!

マステノリボンボンの特徴

購入してきたのがクツワ株式会社の「マステノリボンボン」。

↓公式サイト
https://www.kutsuwa.co.jp/items/de003/

簡単にいうと「15mm幅マステ専用のテープカッター」です。

3種類の切り方ができる!

一番の特徴は、3種類の変わった切り方ができること!

1つのパッケージの中に

  • リボン
  • ギザギザ
  • 細くする

これらの形状に切れるマステカッターが同梱されています。

カラーバリエーションは3種類。

  • ベージュ
  • ホワイト
  • ピンク

いずれも淡いカラーが素敵です♪

カッターの色味が違っても、切れる形状は同じなので好みで選べますよ。

本体価格は、いずれも350円です。

軽くて持ち運びやすい!

私が購入したのはベージュ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kutsuwa_ribonbon_02.jpg

大きさは親指ほどで、軽くて持ち歩きにも良さそう!

かわいいのに使いやすい!

お手持ちのマステにマステノリボンボンを取り付けて、リボン型に空いた穴からテープの先を出します。

あとはリボン型になっている方を押さえて、テープを引くだけ!

簡単にリボンの先のような形状に切ることができました。

ちょっとコツが必要なのが「細くする」マステノリボンボンを使う時。

先にテープの端をきれいに切るために、小窓部分を押さえながら少しずつ切りましょう!

パッケージの裏面にはきれいな切り方が載っているので、最初は練習した方がいいかもしれません。

ちなみに3つすべてに、まっすぐ切れるテープカッターもついているので1個2役こなしてくれます!

created by Rinker
クツワ(Kutsuwa)
¥992(2023/05/24 20:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

マステノリボンボンの使用例

ここからは、マステノリボンボンの使い道を試してみます!

リボンタイプで可愛く装飾

まずは先が2つに分かれたリボンタイプ。

手帳の見出しやノートの表紙の飾りとして使うのにぴったりです。

縦に貼り付けると、上からガーランドが下がっているようになります。

これを一つひとつハサミで切って作ると、かなりの手間がかかるはず。不器用さんでも簡単にかわいくなりますよ!

ラッピングにも最適です。

丸いメッセージカードやシールの下に忍ばせると、まるでロゼットのようになります!

ギザギザタイプで大人っぽく

続いてはギザギザタイプです。

使いかたはリボンタイプと同じですが、こちらもかなり凝って見えますよね〜!

リボンタイプよりもかわいらしさが抑えめなので、シンプルな色味のマステや大人のノートとも相性がいいのが◎。

2枚貼り合わせて、付箋のようにするもおすすめです。

もちろんラッピングにも使えます!

爪楊枝の上部に貼れば、オリジナルピックのできあがり♪

ラップの上にマステを貼って、おにぎりの具が分かるようにするのも良さそう。

これからがシーズンの、ピクニックや運動会のお弁当で大活躍しそう〜!

細くするタイプで2倍楽しむ

最後に細くするタイプ。

幅は約8mmにカットできます。

使ってみてわかったのですが、同じマステでも幅が違うだけで印象が全然変わります!

まるで2本マステを買った気分になりました(笑)。

ノートの飾り罫線のように使ったり……

スケジュールなど縁の細い部分を彩るのに使ったり、痒いところに手が届く!

ほかの2種とは違い純粋に細くするカッターなので、手帳やノートのインデックスなどの、テープ幅を取りたくない場面で大活躍してくれます。

たとえばノートにまっすぐラインを引きたい時。

ペンやマーカーなどを使ってもいいですが、マステだと特別感が倍増します。

旅行の計画を立てる時のタイムラインや、ガントチャート作りなどに役立ちそう。

あまり部分も活用しよう♪

テープカッターということは、切りあとが残ります。

その切った逆側の部分もデコに使っちゃいましょう!

リボンタイプは三角形に切れるので、これもデコに使うとかわいい〜!

細くするタイプはマステを半分に割いているので、残りの半分も同じように使えます。

ちなみにギザギザタイプは、切った逆側もギザギザなので普通に切った時と同じように使えますよ。

まさに捨てるとこなし!

気になる点&対策案

すーっと切れるのが楽しくて、ついつい使ってしまうマステノリボンボン。

ただし、ちょっと気になったのがつけ外しです。

マステノリボンボンを斜めに差し込んでつけるのですが、ちょっとだけつけにくいかも。

無理やりつけたり外したりした結果、テープの芯材が少しヨレてしまいました……

↓対策案

実は裏面に、しっかり取り付け方が書いてあります。

こちらも何度かつける練習をすると慣れました。

リボンにするテープが決まっていて替える予定がないなら、そのままつけっぱなしもアリ!

カッターをずらせば手で切れますし、まっすぐなテープカッターもついているので、普段のマステのように使えますよ。

参考リンク

マスキングテープに関する過去記事です。よかったらどうぞ〜。

↓金属製のマステカッターで気持ちよく切りたい人は、カルカットがおすすめです。

↓ものによっては、ダイソーのマステカッターでOK!

↓「ますてのあいぼう」と組み合わせて使うと可愛い!

↓マステに見えるのに・・・面白いテープもありますよ♪

まとめ

この商品、メーカーさんと直接お話しできるイベントでゲットしたものなんです。

使ってみるとその切りやすさや、切り口のかわいさに感動!

購入予定ではなかったのに思わず「買います!!!」と宣言して購入したのでした(笑)。

切りやすさもかわいさも、ぜひ多くの方に知ってほしい商品だったのでご紹介しました!

何気なく貼っていたマステも、マステノリボンボンを使うだけでおしゃれに見えるので、ぜひお試しください♪


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方を発信中。

手帳リフィルはPDFとしてダウンロードできるので、日々の記録を残すライフログとしても活用できます。

↓新しく作成したリフィルは、こちらで配信します。

conote note を詳しく見る

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!