使って楽しい1枚切りカッター[OLFA]キリヌーク

雑誌や新聞の切り抜きや、ラベル用紙にハーフカットをするのに便利な、[OLFA]キリヌークのご紹介です。

[OLFA]キリヌークとは

1枚切りカッター[OLFA]キリヌークは、新聞、雑誌などを1枚だけ切り抜くことができるカッターです。

↓刃が出ている部分はこれだけです。

注意!刃が出ている部分が小さいので、しまい忘れには注意が必要です。

本体にバネが内蔵されていて、刃先にかかる力を調節できるので、様々な厚みの紙に使えます。


参照:キリヌーク|オルファ株式会社【公式サイト】
https://www.olfa.co.jp/products/799.html


使用例

新聞や雑誌の切り抜き

雑誌や新聞を1枚だけ切り抜くのに便利なキリヌーク。

それ以外にも、糸で綴じてあるノートを1枚だけ切り取りたい時にも使うことができます。

↓公式インスタグラムでも紹介されています。

問題集の切り抜き

切り取り線が入っている問題集を息子が使っているのですが、いつも失敗して切り口がでこぼこになっていました。

そこで、キリヌークの出番です!

真っ直ぐに切れるようになってから、終わったプリントをファイリングするのが随分と楽になりました。

ラベル用紙のハーフカット

キリヌークとラベル用紙を使って、自家製シールを作ることができます。

方法:シールにしたい写真やデザインを、ラベル用紙に印刷します。

キリヌークで切れ目を入れます。

あっという間にシール台紙付きシールの完成♪

この方法だとバラけず、保存しやすいのが気に入っています。

複雑な形は切るのが難しいですが、直線ならばどんどん切ることができます。

※ものさしによっては高さが合わずに切りにくい場合があります。

〜補足説明〜

ハーフカットとは、シール台紙を残した状態で、粘着部分まで切り込みを入れるカットのことです。

台紙と一緒に販売されているシールは、ほとんどがハーフカットされています。

↓このように、余白部分が取り除いてある場合も多いです。

それに対して全カットされたものは、「フレークシール」と呼ばれています。

台紙ごとシールを切った状態なので、仮レイアウトしやすいのが特徴です。

↓シールのおすすめ保管方法はこちらでまとめています。

参考リンク

↓本体&適合替刃:XB209(2枚付)

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥610(2022/05/25 14:55:16時点 Amazon調べ-詳細)

↓カッターマットや愛用している滑らないモノサシについて。

↓ラベルシールは、ハガキサイズがちょうど良いので愛用しています。商品の詳細はこちらの記事で紹介しています。

↓オルファのミシン目カッターも面白いです

あとがき

私はラベル用紙でよくシールを作るので、主にハーフカット用としてキリヌークを使っています。

ハーフカットすると、台紙ごと保管できて本当に便利。

以前は普通のカッターナイフで圧を調整しながらハーフカットをしてたので、力加減が難しくて何度も失敗して、その度にプチストレスを抱えていました。

何かに特化した文房具というのは、使用感が半端なく気持ち良いものですね。

1本あると便利な[OLFA]キリヌークのご紹介でした。


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方、リフィルやワークシートを発信中♪

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!