絵が苦手だけど手帳デコを頑張りたい人におすすめ[ミドリ]クリップルーラー

midoriクリップルーラーを購入したので、レビューします。

[ミドリ]クリップルーラーとは

スリムで丈夫な金属定規

[midori]クリップルーラーは、厚さわずか0.3mm、金属製の丈夫な定規です。

私が最近ハマっている、3mmドット方眼リフィル↓に描きながら、特徴を説明します。

まずは基本の定規としての機能。

普通の定規としても安定の使い心地で、さらに等間隔に線を引くためのガイドスリットが入っています。(5mm幅、7mm幅)

波線スリットは、フリーハンドよりも綺麗な形になるので、重宝しそうです。

30種類のテンプレートが魅力

定規とスリットの他に、お天気、三角形、四角形、乗り物などのアイコンが30種類も付いています。

型に沿ってなぞるだけで、可愛い形をハンコのように量産できてびっくり。

0.3mmの厚さなので、細かいところまで詳細なアイコンを描くことができます。

↓バレットジャーナルは作ったことがないのですが、この定規を使えばToDoリストや住所録、マンスリーブロックもささっと作れてしまいます。

ドット方眼と相性が良いですが、3mm方眼の2段分(6mm幅)だと若干キツキツでした。

この定規は7mmの等間隔で線が引けるので、無地のノートでカスタマイズを楽しむこともできそうです。


今回描いてみて分かったのですが、自由に作る「バレットジャーナル」って、この上なく無駄がないフォーマットなのですね。

子供達の夏休み(今年は短いけど)に、バレットジャーナルを作っても面白そうだなと思いました。

しおり兼インデックスとして使える

クリップブックマーカー(写真右)と同じ作りになっているので、普段は手帳やノートに挟んでおき、しおり兼インデックスとしても使用できます。

並べてみると、大きさがえらく違いますね。

個人的な意見ですが、しおりとして使うのならば「クリップブックマーカー」の方がオススメです。

↓「クリップルーラー」は、裏にしたとしても大きすぎる印象で、隠れてしまう部分が多いです。

その点、クリップブックマーカーだと、おもて面でも小さいスペースしか取らないので、邪魔になりません。

↓クリップブックマーカーについては、こちらで詳しくまとめています。

使い方例

割と衝動買いに近い買い方をした、このクリップルーラー。

私は、手帳ではなく、5年日記用として使っています↓

※手帳は時間をかけずに走り書きすることが多く、悠長にテンプレートとにらめっこする暇はないので。

アイコンを塗りつぶす作業は、ハンコよりも時間がかかるけど、結構ハマります。

1日の終わりに、無心でテンプレートに沿ってなぞっていると、没頭して疲れを忘れています。

これって、マインドフルネスに近いのではないかな。

↓使っているペンはこちら

ただ、5年日記のリフィルは薄いので、クリップルーラーを挟みにくかったです。

そこで、最初ページの透明プラページに挟んで保管することにしました。

丈夫なプラスチックに挟むと、ルーラーの抜き差し時に、紙を破かないかと心配しなくて良いので楽です。

しばらくこの保管方法にします。

↓使っているシステム手帳は、クリップブックです。

↓まとめているページの内容は、日経ウーマンの30日チャレンジです。

まとめ

↓クリップルーラーは、個人的にこんな人にオススメです。

  • アイコンを描くのは苦手
  • 手帳用のハンコがかさばって嫌
  • 予定シールだと使わないのが余って困る

画期的なルーラーですが、アイコンを自分で描くことができる人には、無用の長物になります。

私のように、絵が苦手だけど手帳デコを頑張りたい人にとっては、ぴったりの製品です。

まだ使っていないアイコンもたくさんあるので、これから少しずつ活用の幅を広げていきたいです。


↓2020.7.23現在、amazonではまだ取り扱っていません。私は楽天で購入しました。2種類の色があります。

ミドリ クリップルーラー シルバー・銅

楽天で詳しく見る



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
今日も、良い1日を〜♪


最新情報をチェックしよう!