“自分のトリセツ”書き方アイデア4選

ピンチの時の処方箋、「自分の取り扱い説明書」の書き方アイデア4つのご紹介です。

自分の取説とは

自分のトリセツとは、気持ちが落ち込んだ時の、自分専用 ToDoリストのことです。

落ち込んだ時やイライラした時は、適切な行動を取れません。

だから元気の良い時に、ピンチの時の処方箋を自分で作ってしまおう!という作戦です。

↓詳しい書き方はこちらでまとめています。

今回は、色々なアイデアの出し方を考えてみました。

自分のトリセツ書き方アイデア

4つの書き方をご紹介します。

  • 9マスの枠組みを使って書く
  • 小さいノートに書く
  • つけ足し付箋に書く
  • 81マスのマンダラートを使う

9マスの枠組みを使って書く

私が一番最初に作ったトリセツです。9項目のピンチの状態を書いて、それぞれ5項目ぐらい対策案を書き出す方法です。

見た目で分かりやすく、項目数も適度なので、取り掛かりやすいと思います。

私はA5サイズのバインダーノートに書いたので、毎日は持ち歩いていないのですが、折に触れて見返しています。

↓9マスのテンプレート(マンダラチャート)は、こちらからダウンロードできます。

小さいノートに書く

メモのように気軽に始められる、1ページ1項目のスタイルです。

M5のシステム手帳に書いたところ↓

最初にたくさんアイデアを出さなくてもOK。

ピンチの時の状態を書いておき、対処法を思いついたらどんどん書き足していく方法なので、隙間時間で作ることができます。

小さいので通勤カバンに入れても邪魔になりません。

内容は同じですが、気が向いた時に1項目だけ書く方法は、ハードルが少し低くなりますね。

↓M5のシステム手帳は自作です。

つけ足し付箋に書く

常に持ち歩きたい場合は、付け足し付箋が便利です。

書き方は他のノート同様です。

マンスリーブロックの横に配置できるので、頻繁に見返したい人におすすめの方法です。

↓使用している付け足し付箋は、「KOKUYO ME ノートふせん」です。薄めの3mm方眼が使いやすいです。

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥449(2022/05/25 05:09:18時点 Amazon調べ-詳細)

81マスのマンダラートを使う

人は空白があると埋めたくなるもの・・・という性質を利用して、強制的にアイデアを出す方法です。

途中まで書いてみました。1項目につき8個のアイデアを出さないと枠が埋まらないので、かなり本気で対策を練りたい時におすすめです。

↓ワークシートはこちらからダウンロードできます。

〜余談〜

81マスのマンダラチャートは、アイデア出しのためのフォーマットですが、私はどちらかというとゲームのように楽んで使う場合が多いです。

↓こんな感じです。どこまで空欄を埋められるか挑戦するのが、けっこう面白いのです。

参考リンク

疲れが出て倒れてしまう前に、読書で心に栄養を!!

という訳で、個人的に読んでよかったなと思う本を、参考リンクとして書いておきます。よかったらご参考に〜♪

↓5月病に負けないための本です。

↓生き方や考え方を学べる本です。

あとがき

「自分のトリセツ」は、負のスパイラルに陥ってからではなく、元気な時に作って常備薬のように保管しておくと安心です。

メモ書きだけでもOK。付箋でもOK。

書き方や保管方法に特に決まりはなく、どれも私が勝手に考えたものです。

防災バッグを作るように、ピンチの時のToDoリスト作っておくと、きっといつか役に立ちます。


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方、リフィルやワークシートを発信中♪

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!