自作手帳・ノート術・文具や本の情報サイト

24時間軸コーネル式ノート:ほぼ日カズン風[無料ダウンロード印刷]


先日作成したコーネル式ノートに24時間軸をつけたら、ほぼ日カズン風に変身しました。SNSでアップされているような「インスタ映え」は狙わず、実用的に使うことができるかを検証しました。

 

24時間軸付きデイリーの使い方例

試しに使ってみた、24時間軸付きのデイリーページです。

 

 

使ってみた感想

ただ淡々と、時間軸に沿って記録しました。今まで作った中で一番メモ欄が多いデイリータイプなので、のびのびと書くことができ、使いやすかったです。

ToDoリストは、「□」(チェックボックス)をフリクションライトの蛍光ペンを使うと、いい感じになりました。

 

睡眠スコアは、スマート ウォッチ で毎日記録されているものです。

この時計を使っています↓

人生初のスマートウォッチMi Band 3が生活の質を上げてくれた話

 

メリット

1日の流れ記録がリンクされているので、まるで日誌のように分かりやすい形にまとまります。見返した時にどんな1日だったのか、何が決まったのかが一目瞭然です。

 

 

デメリット&対策

会議の内容まで細かく書くには、スペースが足りませんでした。

最初から裏面にシンプルな3mm方眼を印刷しておけば、足りない時だけに裏も書くことで解決できるかもしれません。

ただ、それだと空白ページが増える要因にもなりそうなので、付け足しができるノート付箋を常備しておくのも手だなと思いました。


↓これです。

コクヨ キャンパス ふせん まとめがはかどるノートふせん
ドットB罫 サイドタイプ

このように、付け足しできるノートです。B罫(ビーケイ)なので、幅は6mm。ちょうど3mm方眼の2倍の幅なので、付け足した時に見た目がいいかも。

amazonはこちら

楽天はこちら


 

日付シートを自作してみた

マークス 水性ペンで書けるマスキングテープ ミシン目入りを使って、日付欄をオシャレにしてみました。作り方は超簡単!マステを貼って上から数字を書いただけです。

時間のある時に、リフィルを何枚かまとめて印刷する事が多いです。A5のクリアファイル(クリアポケット)に入れておけば、使いたいときにサッと使う事ができます。

↓マステについては、こちらの記事でまとめています。

[MARK’S ]水性ペンで書けるマスキングテープ・ミシン目入りは、付箋としても活用できる!【進化系文具:その1】

 

 

ダウンロードリンク

A5のルーズリーフに印刷することを想定して作りました。コーネル式ノートのフォーマットはそのままで、時間軸が付け足されたものです。

右ページ用(PDF)

左ページ用(PDF)

 

 

参考リンク

コーネル式ノート術については、こちらの記事でまとめています。

コーネル式ノート術は万能!日常生活&ビジネスの問題解決にも使える[PDF無料ダウンロード]

ちなみに、、、

ほぼ日カズンの1日ページの形式はこんな感じです。時間軸は少なめで、方眼ノートのように使っている人が多い印象です。(週間ページが別にあります。)

※ほぼ日カズンspring(4月始まり)は、毎年2月1日が発売日になっているみたいです。1月始まりは、現在、ロフトなどの大きな文房具屋さんで大々的に販売されています。(近所のロフトでは割引が始まっていました。)

 

 

まとめ

時間軸付きのコーネル式ノートは、1日の流れ&記録がリンクでき、実用的な日誌になる!

課題はスペースが限られていることですが、足りない時だけ付け足しノートふせんなどを使えば大丈夫かなと思います。(もしくは、裏面に3mm方眼を印刷しておく。)

 

余談ですが、、、、

私は、ほぼ日のように冊子になったものは購入しません。毎日精密に記録する必要がないライフスタイルなので、白紙ページが大量生産されてしまうからです。

特に、土日は丁寧に書いている暇なんてありません(笑)

記録を詳細に取りたい時だけ、必要なフォーマットを印刷して使うことができる。これが、自作手帳のメリットだと思います。

 


ご訪問ありがとうございます!

今日も、良い1日を〜♪


 

mimi by
「知的生活習慣で楽しく暮らす」をモットーに、仕事・家事・育児を効率よく回すために日々研究中です。手帳活用術を始め、大好きな文具、読書記録、整理収納、その他暮らしの知恵を中心に自分の思いを書き連ねています。
詳細を見る>