2023年:時間軸付きマンスリーブロック[PDF無料ダウンロード]

時間軸付きの、月間ブロック手帳リフィル(10月始まり・1月始まり・4月始まり)です。月初めと月終わりの重なりがないので、転記し忘れなどのミスを防止できます。ライフスタイルに応じて選べる3種類!ノートリフィルやガントチャートと組み合わせてもOK!組み合わせによっては、いつからでも使い始められます。

conote手帳マンスリーの特徴

他のマンスリーブロックとの大きな違いは、3つあります。

  • 月初めと月終わりの重複がない
  • 1つのブロックに「月・日・曜日」が入っている
  • 時間軸付きで週予定を見渡せる

文字を少し大きくして欲しいとのリクエストをいただき、新しく作成した2023年4月の分から、ほんの気持ちほどですが日付と曜日を大きくしました。(コメントやメールでお返事できなかった方、申し訳ありません!)

それゆえに、2923年4月以降の印象が少しだけ変わっています。

 

マンスリーブロックの種類

現在、マンスリーブロックは大きく分けて3種類(L・M・S)の幅があります。

平日大きめタイプ(L)

月曜〜金曜が重視された、平日大きめタイプ(L)です。

平日にたくさん書きたいけれど、週末はそんなに書くことがない人におすすめです。

無料ダウンロードは
conote noteで配信中


↓マンスリー手帳(L)の使い方例はこちら。(以前は”レギュラータイプ”と呼んでいました。)

↓表紙はノートページ一覧から選べます。

全日均等タイプ(M)

全ての曜日が同じ幅の、全日均等タイプ(M)です。現在、日付なしタイプのみ配信中です。日曜始まりもあります。

日付フリーなので、いつから始めてもOK!

プロジェクト単位でカレンダーを作ったり、長期休みだけまとめて予定を立てたりするのにも便利です。

↓全日均等タイプや、日曜始まりは日付フリーです。こちらからいつでもダウンロードできます。

↓日付を入れるのには、連続カレンダーを参照すると簡単です。

↓表紙はノートページ一覧から選べます。

スリムタイプ(S)

片側1ページにぎゅっとマンスリーブロックを詰めた、スリムタイプ(S)です。見開きで2ヶ月を見渡すように使えます。

その他、全ページを左に印刷し、右ページには月間予定表(縦)やノートページを組み合わせて使う方法もあります。

↓全て右ページに印刷する用、全て左ページに印刷する用、裏表に印刷する用で分けてあります。

↓1年間分の無料ダウンロード(全てページに印刷)


※全期間まとめてダウンロードはこちら↓(全てページに印刷)


↓1年間分の無料ダウンロード(全てページに印刷)


※全期間まとめてダウンロードはこちら↓(全てページに印刷)


↓表紙や対になるページは、ノートページ一覧から選べます。

↓全期間の無料ダウンロード(裏表ページに印刷して見開きで使う用:左ページから始まります)


↓情報カードを合体させた、スリム手帳の使い方例はこちら。2021年の構想です。

↓月間予定表(縦)はこちらからダウンロードできます。

2023年のconote手帳について

手帳の最新更新情報については、こちらの記事でご確認ください。 

↓手帳術に関するまとめ記事です。手帳の詳しい使い方や、ここには掲載していないマニアックなフォーマットなどもあるので、ぜひご覧ください。

↓印刷の注意点はこちらでまとめています。

↓便利なノートページ一覧もあります。

↓最初のページに表紙を印刷したところ。

3mm方眼を印刷したところ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0551.jpg

↓手帳会議に役立つ紙の大きさ一覧はこちら

あとがき

今まで紙の手帳を使っていましたが、2022年度の途中からiPad手帳(デジタルプランナー)に移行し、スリム手帳とガントチャートを併用しています。

文字部分を拡大してから書き込んだり、線の太さを変えて多くの情報を詰め込んだりできるのが、本当に便利。

スマホ(iPhone)で同期しているので、手帳を持ち歩かなくても良くなりました。

↓詳しくはこちらでまとめています。

もちろん、普通のノートも続けています。

情報ストックにはデジタルが具合が良いのですが、私は、思考を広げるにはやっぱり紙の方がやりやすい。

双方の良いとこ取りをして、これからも手帳やノートを楽しみたいと思います。


ご訪問ありがとうございます!

conote.infoでは「文具で暮らしを楽しくする」をモットーに、文具や手帳の使い方を発信中。

手帳リフィルはPDFとしてダウンロードできるので、日々の記録を残すライフログとしても活用できます。

↓新しく作成したリフィルは、こちらで配信します。

conote note を詳しく見る

更新情報は以下のSNSでお知らせしています。
twitter、Facebook、instagrampinterest


conoteの最新記事をおしらせします!