自作手帳・ノート術・文具や本の情報サイト

ついにノートを手放す時が来た!かゆいところに手が届く「テフレーヌビズ」が秀逸


Campus方眼ノートをずっと愛用していたのですが、発売されたばかりのテフレーヌビズの使い心地に感動し、ノートを手放してバインダーノートへ乗り換えることに決めました。

テフレーヌビズとは

落ち着いたモノトーンのデザイン

半透明で主張の強い色が特徴のテフレーヌですが、「テフレーヌビズ」は、モノトーンで、落ち着いた雰囲気です。色はブラックとホワイト、サイズはA5とB5があります。

amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る


↓A5の詳細

【サイズ】A5 タテ型 H217×W159×D14mm
【収納枚数】最大30枚
【付属品】5mm方眼ルーズリーフ 10枚
【価格】600円+消費税
【発売日】2020年2月12日


↓B5の詳細

【サイズ】B5 タテ型 H264×W193×D14mm
【収納枚数】最大30枚
【付属品】5mm方眼ルーズリーフ 10枚
【価格】640円+消費税
【発売日】2020年2月12日


KING JIMのサイトで詳しく見る

 

↓左がビズ(まだ買ったばかりのシール付き)、右が普通のテフレーヌです。

リング部分もクロ、ロゴもクロ。徹底的にモノトーンです。

 

名刺・書類ポケット&ペンホルダー付き

テフレーヌビズには、書類ポケット、ペンホルダー、ブラインドシートが付いています。自分と相手の名刺を入れることができる2段の名刺ポケットは、ぬかりのない配慮でさすがです。

ノート型バインダーで、ペンホルダーが付いているタイプは初めてです。しかも、フリクションの多色タイプ(4色)が入る大きさ。これはありがたいです。

閉じたらこんな感じになります。横にぴったりとフィットします。

ペンホルダーは、プラスチック製。使い方が荒いと割れてしまいそうなので、丁寧に使おうと思います。

 

さらに感動したのが、細さいレシートなどが落ちにくいように、一番大きなポケットにはストッパーが付いていることです。

何ともかゆいところに手が届く配慮です。

 

 

ブラインドシート(下敷き)が便利

ビジネスミーティングなどで、見られたくない側のノートを隠すためのシートです。表紙と同じくらいの硬さの、メモリ付きの下敷きです。

リング部分に差しこむ仕様なので、リングを開閉することなく使用場所を移動できます。

メモリがあり、17cmまでの物差しとしての使用も可能。マークタスで線を引くときに重宝しそうです。

私はシャーペンでノートを書くことも多いので、次のページにカーボンが付着するのを防ぐ目的で、下敷きとして使うことが多そうです。

 

では、ノートとテフレーヌビズ(ノートバインダー)のメリットを比較しながら、その可能性を探っていきます。

ノートの利点

使い心地が良い

正直言って、使い心地はノートの方が良いです。この部分については、バインダーノートは永遠に勝てないのではないかと思います。

バインダーだと、どうしても穴とバインダーの間に隙間ができるので、めくりやすさに支障をきたします。

文庫本やノートのように、片手でパラパラ〜っとめくってお目当のページにたどり着く感覚、バインダーノートではそれを感じるのが難しいです。

 

値段が安い

値段も、ノートの方が安いです。安いから、気軽にメモができ、どんどん使うことができます。

ページの入れ替えが出来ないのも、実は時系列でページを管理するという点では優れています。

 

それでも、やっぱりバインダーノートに乗り換えるだけの理由が、私にはありました。

  • 必要な枚数だけ持ち運べる
  • 耐久性が高い
  • インデックスや付箋が目立たない
  • デジタルデータとして管理しやすい

などです。1つずつ見ていきます。

 

バインダーノートの利点

必要な枚数だけ持ち運べる

ノートの場合、持ち運べる枚数が決まっていますが、バインダーノートの場合は、自分の好きな枚数だけ持ち運べるというメリットがあります。

 

実際に必要なのは数ページだけなのに、外出先で参照したい情報があるときは、重たいノートを持ち運んでいました。

ノートの切り替え時には2冊持ち運ぶ必要があり、「あ〜。前のノートに書いてあったことだった!」と、参照できずに終わったこともありました。

これらの点から考えると、持ち運びたい部分だけを抜粋して持ち運べるバインダーノートは、とても効率的なノートです。

 

テフレーヌビズに付属の方眼ルーズリーフがなくなったら、自作手帳と同じ種類の、マルマンの書きやすいルーズリーフ方眼を使おうと思います。

他社の方眼ルーズリーフと比べて厚みがあり、触り心地や書き心地が良いです↓以前から愛用していましたが、もう残り少ないので追加購入決定。

 


マルマン  書きやすいルーズリーフ
A5 5mm方眼罫

amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る


 

 

耐久性が高い

ノートの表紙は紙製ですが、バインダーノートはPP(ポリプロピレン)製品=プラスチックでできています。

特にテフレーヌビズの表紙は、普通のテフレーヌの表紙よりも硬く厚く作られており、折り返せばバインダーの役割も果たします。

まあプラスチックなので、紫外線により劣化するし、割れたり欠けたりする危険はありますが、テフレーヌはリング部分が丈夫なのでよしとします。

 

インデックスや付箋が目立たない

自作手帳で愛用しているインデックスクリップ チラットをノートに使うと、思いっきり外側に出ます。

よく引っかかって外れます。なくしそうになったこともありました。

↓テフレーヌやテフレーヌビズだと、表紙がインデックスや付箋を程よくカバーしてくれるので安心です。

 

 

デジタルデータとして管理しやすい

ルーズリーフは取り外しが可能なので、スキャンするのが圧倒的に楽です。

 

私は、過去のマンスリーブロックをスキャンしてクラウド保存しているので、ノートも同じように管理しようと移行中です。

うまく設定すれば、プリンターでスキャンしたものをwifi経由でパソコンへと転送できるみたいですが、まだそこまでたどり着いておらず、SDカードを使ってパソコンに入れています。

※ショットノートやCamiAppなどのアプリだと、我が家の照明だとどうしても綺麗な画像として保存されないので、文章系はプリンターでスキャンした画像を保存するようにしています。

 

 

私の使い方

基本的に右ページのみを使う

書きやすいので、基本的に右ページのみを使っています。左ページ(裏)は、足りない情報を書き足すのに使っているので、空白の場合もあります。

ずっと先になって読み直した時に、情報を付け加えることもあります。

↓ノートの時も、同じように右ページメインで使っていました。情報を書き足すのを隣のページにしていたので、その点は変えていこうと思います。(ルーズリーフ単位での移動を可能にするため)

 

自作手帳のサブバインダーを兼ねる

今までは、ノートとは別にサブバインダーも使用していました。今回の変更で、サブバインダー機能とノート機能を合体させました。

つまり、リフィルを楽しんだり、ウィークリーやデイリーフォーマットでタスクや時間管理をするのも、テフレーヌビズだけで済ませる方法にしました。

↓今までの予定&情報管理の方法はこちら。基本方針は変わっていません。

アナログ+デジタルで効率化!検索性を高めた複数ツールで予定&情報を管理するコツ

 

 

インデックス&ページ番号(A-◯◯)

ノートにつけるページ番号は、A-00が「インデックス」、A-01からA-99までが「ノート(またはリフィル)」、A-endが「100枚単位のまとめ」にしました。

A-001から始めてしまうと数字が3桁になってしまうから、最後はendにすることで2桁をキープ。

データにした際につけるファイル名になるので、順番を狂わせないための仕組みです。

書く場所は、右上です。

メモもそのまま通し番号で管理します。

 

↓日によっては、マンダラートのウィークリーにしてもいいし、コーネル式ノート術の24時間軸のリフィルしてもいいかなと思っています。

 

 

使用後のルーズリーフ保管方法

基本的に100枚単位で移し替えます。プロジェクトメモなどの場合は、柔軟に対応する予定です。

ファイルは、過去のマンスリーやウィークリーを保管しているパペルールを採用。

他のバインダーファイルに比べて安いのに、バインダー部分が滑らかなのと、シンプルなデザインが気に入っています。

参照したいルーズリーフを出し入れするので、このバインダーの開き心地は重要です。

↓ポケットも付いています。予備のリーフを入れたり、一時的なプリントを入れたりしています。

 

付属のインデックスは、クリアで使いやすいです。

 


キョクトウ バインダー パペルール 20穴 A5 クリア

amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る


 

 

参考リンク

↓私が使っているノートバインダーです。モノトーンのつや消しブラックです。

キングジム リングノート テフレーヌ ビズ A5 クロ

amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る


↓白色もあります。

キングジム リングノート テフレーヌ ビズ A5 シロ

amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る


テフレーヌスタイルは、2020年度の手帳用として使うことが決まっています。詳しくはこちらの記事でまとめています。

テフレーヌスタイルを改造して自分仕様にした話【2020年度:自作手帳リフィルの準備】

 

 

あとがき

出来るだけシンプルに効率的にしましたが、今回は大幅に仕組みを変更したので、慣れるまでには少し時間がかかりそうです。

携帯性がアップしたテフレーヌビズ(ノート+サブバインダー)も、持ち歩くことが増えそうです。(普段持ち歩くのは、自作手帳自作フリクションシャーボだけ)

ノートの通し番号(00〜end)は、アルファベットごとに101枚あります。アルファベットは27文字なので、合計にすると2727ページ。実にノート54冊分です。

 

書いたノートの分だけ、自分も成長できればいいなと思います。

 


ご訪問、ありがとうございます!

今日も、良い一日を〜♪


 

mimi by
「知的生活習慣で楽しく暮らす」をモットーに、仕事・家事・育児を効率よく回すために日々研究中です。手帳活用術を始め、大好きな文具、読書記録、整理収納、その他暮らしの知恵を中心に自分の思いを書き連ねています。
詳細を見る>