2021年月間スリム手帳[2020年10月始まり:無料ダウンロード]

2020年10月~2022年4月まで(19ヶ月分)の、マンスリーブロックのスリムタイプです。PDFを無料でダウンロードして、印刷することができます。

A5バインダー用ですが、6穴のシステム手帳用にしてもいいし、B5に拡大してもOK。自由度が高いのが自作手帳のメリットです。

↓私はこのように月間予定表(縦[z])と一緒に使っています。

詳しい仕様や使い方例は、こちらを参照してください↓

2021年月間スリム手帳

2020年10月〜2022年4月までたっぷりと19ヶ月分あります。

どこからスタートしてもOK!必要なところから印刷することで、2021年1月始まりとして使ってもいいし、2021年4月始まりとしても使えます。

見開きイメージ↓

※月によって段数が違うので、下段の3mm方眼がない月もあります。

ダウンロードリンク

↓こちらから全てのページをダウンロードできます。(裏表で交互に印刷)

↓全て左ページに印刷する場合はこちら(表紙なし)

↓裏は、ノートページ一覧から選ぶと便利です。

conote手帳リフィル組み合わせ例

ライフスタイルによって、他のリフィルと組み合わせて使う方法があります。

マンスリー+ガントチャート

月間予定表(縦[a])をガントチャートとして使うと、このような感じになります。

↓レイアウト会議に使えるA4のお試しシートです。

マンスリー+ガントチャート+メモ

↓私の使用イメージです。(右側が月間予定表(縦[z]))を使っています。

↓レイアウト会議に使えるA4のお試しシートです。

zタイプは、左右がありません。どちらに穴を開けてもいいし、両方とも穴を開けてスライドさせるのもあり。私にとっては万能リフィルです。

↓ガントチャート(月間予定表(縦)は、こちらのリフィルを使っています。

マンスリー+デイリー

↓デイリーページとペアで使うと、このような感じになります。

↓こちらのコーネル式ノートに時間軸をつけたものを使っています。

↓PDCAサイクルを回せるデイリープランナーと組み合わせてもOK!

↓こちらのリフィルを使っています。

使用している文具

参考用に、私が2021年に使う手帳文具を記録しておきます。

バインダーノート

ノート型のバインダー、テフレーヌビズを使っています。今年はノートとして使っていましたが、ペンホルダーや下敷きが便利なので、来年は手帳用に昇格です。

↓詳しい仕様はこちら

ルーズリーフ

去年からマルマンさんのルーズリーフにお世話になっています。

↓比較検討の結果はこちら

インデックス

2020年のインデックス会議を経て、去年からミドリさんの「チラットインデックス」を愛用しています。詳しくはこちら↓

↓色々と種類があるので迷いましたが、2021年は左上の小さい数字のものにします。

楽天市場で詳しく見る

あとがき

自作手帳ならば、組み合わせは無限大!

レギュラータイプを作り終わってから気づいたスリム化構想ですが、使ってみると今の私のライフスタイルにぴったりなことが分かりました。

娘は引き続きレギュラータイプを使うと言っているので、親子で情報交換ができそうです。

これからも気分に合わせて柔軟にリフィルを楽しもうと思います。

↓conoteのリフィル使い方大全はこちら



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
今日も、良い1日を〜♪


最新情報をチェックしよう!